饗 くろ喜@秋葉原 其の282013/08/27 23:16:15

空気から水分が抜けて、爽やかな暑さ、と云う印象の30度。 朝は野外の方が涼しいと云う有り難い気候に為った。 此の儘、秋本番と云う訳には行かないのだろうが、秋葉原への道も歩き易く為った。 此週中に「冷やしモロヘイヤそば」を頂かなくては…なのだが、先に限定の「冷やし鶏そば」を頂いて置きたい。

饗 くろ喜@秋葉原 其の28-1


饗 くろ喜@秋葉原 其の28-2
如何にも涼しげなガラスの容器を慎重に持ち上げて、スープを啜る。 スープはとても冷たい塩ベースで鶏風味がとても豊かに香る。 鶏節だそうだが、其処にユカリの風合がスープに趣を伝えて居る。 魚介が仄かに香って来るのだが、羅臼昆布なのだろうか。 矢張、夏野菜が沢山飾られて居て、醪漬けの胡瓜が良い味を出して居るし、酸味を醸すホワイトゴーヤなんて珍しい物も乗って居る。 薬味はレッドオニオンと茗荷で此がサッパリ感を演出。 好みの喰感の蒸鶏には梅のニュアンスが施されて居る。 と、何時も乍、上手くコンダクトされて居る作品。 麺は平打麺で冷水で締められた後の適度なシットリ感と弾む喉越が好みだ。 相変わらずの巧みさに没頭して完喰。 扨、モロヘイヤの時間を探さないと…