麺屋KABOちゃん 其の272013/07/09 23:23:00

日の出が一番電車に遅れを取る様に為った。
20130709 昼_KABOちゃん-2
地平線に顔を出す時刻では無くて、小生の観望地点(電線天国)での話だが、夏至が少し昔に思えて来る。 ダイヤモンド富士のラインも房総半島の先端に戻って来て居る筈だね。 こんな天体現象で季節が移ろうのを感じるのも悪く無い。 凪の7周年イベントに合わせる様に明けた梅雨だが、其れ以来、猛暑が続いて居る。 此の日も35度を越える気温の中、霜降に向かう。 KABOちゃんでは、凪BBQで盛り上がった翌日から「塩中華そば」をスタートさせて居る。 蔦の祐貴君が合格宣言をされて居たので、是非にと暑さをものかは、此れを御願いした。

20130709 昼_KABOちゃん-1
スープを一口啜って、「此は美味しい!」。 期待した以上に洗練された塩味。 いや、寧ろ、塩は大人しい位だが、塩のエッセンスがライトに、でも確りとした味わいを構成して居る。 鰹や煮干の風味は淡いのだが、其のレゾンデートルを充分に感じさせる。 麺との相性は醤油スープ以上かも知れない。 チャーシューとのマッチングも上々で… 此は美味しい!と為る。 カボちゃんの力量が良く発揮された作品だ。
此処迄気温が上がると、客足が薄く為るのは仕方が無いのかも知れないが、冷やしつけ麺も有るし、此の塩スープも有るし、夜には欠氷も再スタートしたので、御客様を呼べると思うのだが…

何やら外が騒がしい。 駅への道には警察車輌や警官が沢山… 後で知ったが、「殺人未遂事件」で犯人逃走だそうだ。 何とも物騒な事。

コメント

トラックバック