ムタヒロ2号店@国分寺 18回目2013/05/04 23:23:00

「凄く不味い蕎麦にしますか? 其れとも不味いラーメンにしますか?」 いや、御店主に問われた訳では無い。 自問したのだ、場所は立川の昭和記念公園。 東京駅で青梅特快に乗りたくて、昼喰をスキップしたので空腹だ。 西立川駅には何も無いので、公園のファーストフードの窓口で悩んだ次第。 不味いに耐性が有るのは、ラーメンの方だと踏んだので、味噌か豚骨醤油かと亦考えさせられて仕舞った。 女子高校生のバイトの御嬢さんの湯切と盛付は動画保存したかったなぁ。 あ、可愛かった訳では無くて(笑)… 盛付の時にチャーシュウがメンマ壺に落ちたのは、見なかった事にしよう(爆)。
ムタヒロ2号店@国分寺 18回目-1

鵠沼蘭のフォトテイクの後、国分寺で途中下車して、ムタヒロの2号店に向かう。 歩きっぱなし、立ちっぱなし、妙な姿勢でのフォトテイクの後、行列したくは無かったのだが、折角此処迄来て、寄らない手は無い。 10人待ちで30分。 此の日も牟田さんの声が聞こえないので、帰ろうかと思ったのだが、蔦にもKABOちゃんにも、炎のつけ麺にも間に合わないタイミングだったので、我慢、我慢。 チーフの御兄さんは小生の顔を覚えて居て、下さった様で嬉しいねぇ。 此の日も、「鶏つけ麺」を御願いした。

ムタヒロ2号店@国分寺 18回目-2

ムタヒロ2号店@国分寺 18回目-3
柚子胡椒を頂いて、麺に塗して直喰。 ピロピロの平打麺は、喰感も風味も良くて、直喰にも向いて居る。 三つ葉もパリっと一緒に口に入れて仕舞う。 スープの鶏味は気持ち良く、清々しい程だ。 麺を浸して頂くと意外に濃い(漬汁ですから)のだが、其れを感じさせない。 ややオイリーなのだが、ベタ付かせないので気に為らない。 太くて長い穂先メンマや3枚のチャーシュウも漬汁依存で頂いて、上々。 最後に割らずに頂くと、流石に割出がベターかと思う。 そぼろ肉迄拾って、満足、満足。
夜は渦へ… あ、いや臨休かいな。

コメント

トラックバック