今日の蔦 其の722013/04/24 01:01:00

随分と長い期間、蔦で「壱岐っ娘」を頂かないで居た。 漸く解禁、新たに店長に就任された湯澤さんの御陰だ。 そんな彼に感謝しつつ、券売機を操作。 そう、此の夜はSPを確保。 「あのグラス」を傾けるなら、此の席がベストなのだ。

今日の蔦 其の72-1
んで、こんなフォト。 小生が墓に入ったら、此のグラスを置いて欲しい… そんな小生に取って嬉しい器で頂く壱岐っ娘は格別だ。 チャーシューの盛り合わせに2杯を重ねて、漸く此のスタイルが復活。 でも、そう長居する訳には行かないのだ。 適切な?タイミングで、主麺をリクエスト。 醤油そば、〆の一杯にしては旨過ぎるのだ。 祐貴君が代々木で頑張って居た頃を想い出すと、亦泣けて仕舞う。

今日の蔦 其の72-2
主麺の喰券を渡すと、「もう、帰っちゃうんですか?」。 人の気持の間隙を突く、困った奴なので有る(笑)。 沢山の御気遣いも頂き、何だか妙にしょっぱい後味を感じ乍、引き上げる。 小生も涙脆く為った様だのぅ。