紫 くろ喜 其の122013/04/13 19:42:28

此の週も遣って来られた秋葉原、「紫 くろ喜」。 定期健診のクリニックが珍しく空いて居たので、随分と早く到着して仕舞ったのだが、既に御並びの方が… 凄い人気なので有る。

此の日も前週に続いて、つけ麺を御願いするが、今回は白湯では無い「鴨つけそば」のターン。
紫 くろ喜 其の12-1

紫 くろ喜 其の12-2
小生は此の低加水の麺が非常に好きなのだ。 春菊を置いてパリパリと直喰するのは快感ですら有る。 そして、オニオンのコンフィが沈んだスープに浸せば、更なる旨さで完結する。 勿論、メンマ、鴨肉のテイストは云う迄も無い。 黒木さんから、「此が相当御好きですよね」と声が掛かる。 そうなんですよ、良く御覧に為っていらっしゃいますね。 此を頂くと週末近しを実感するのだが、最近は週末は殆どオフィス詰なので… と、店を出ると先頭には、ライダカさん。 前夜、naginicai に伺ったばかりだったので、無沙汰を詫びずに済んだね(笑)。