ロックンロールワン@町田 其の1212013/04/01 22:12:33

エイプリルフールだって。 でも、此の日の嶋崎さんの作品は嘘じゃない。 2号とは全く違い、濃くて、インパクトガッツリな限定の名前は「黒の中華そば」。
ロックンロールワン@町田 其の121-1
何と無く、ギャングのイメージだが、縁は夜の荻窪駅前とか。

ロックンロールワン@町田 其の121-2
ラードでも焼いたのかと思う程にブラックだが、黒醤油とか。 白胡椒の仕上げと相俟って、コンクな醤油がド~ンと迫る。 こんなタイプのスープも造られるのだと、少し愉快な気分で頂いた。 とは云え、インパクトは旨さに裏打ちされて居り、只の爆弾スープとは一線も二線も画す。 鰹風味に加えて、あの淡麗な味わいさえ何処かに嗅げる様だ。 麺はウェイビーな平打タイプで、濃いスープに絡める事が計算されて居る。 歯応の有るチャーシューや穂先メンマもキチンとマッチして居る。 楽しめる一杯だった。

コメント

トラックバック