今日の渦 其の498 催事出店スペシャル②2013/03/14 20:04:37

昼はめじろ(724回)で、吃驚な情報を耳にする。 現況下では大抵の事への耐性は付いて居た心算だったが、流石に開いた口が塞がらない。
今日の渦 其の498 催事出店スペシャル②-1
気を取り直して、力丸君の特上醤油ら~めんを頂いては来たが… 其の後、気を晴らしたくて横浜へ向かう。


扨、少しは落ち着いたかな… 初日は大変な賑わいだったと伺った、渦@横浜高島屋。 狙い目と云われて居る時間帯に伺うのは難しい。 催場の人波を掻き分けて到着すると、女将さんが呼び込みをして、ホールは本鵠沼の昼のスタッフ嬢がオバチャン達を仕切る。 うん、良いフォーメーション。 そして、厨房には「皆さん」が詰まって居る。 開いた扉から芳実オーナーに声を掛けて、カウンターに。 折角なので、此の日はサッポロビールも所望した。
今日の渦 其の498 催事出店スペシャル②-2
此処のカウンターは高いので、小生の様な寸足らずにはチト喰べ難いね。 背後からはオーナーやスタッフの元気な声が響いて来る。 相変わらず、超が付くハイピッチだが、慌ただしさの中にリズムと掴んだペースが感じられる。 ノンスリーピングハイ、見たいな印象も無くはないのだが…

今日の渦 其の498 催事出店スペシャル②-3
湘南湯麺の印象も前日よりは落ち着いた感が有り、少し前面に出した鰺節のニュアンスも其れに見合ったバランスに支えられて居る。 厨房の慣れが、スープの余裕にリフレクトされたと云う感じかな。 麺の太さは店と同じだそうなので、餅ィ印象は、茹時間の加減らしい。 此の喰感も好きだけれどね。 何時迄も椅子を暖めて居る訳にも行かず、早々に引き揚げる。 「渦ファミリー」の頑張って居る様子は、鬱ぐ気分への清涼剤だったな、有り難う。

コメント

トラックバック