今日の蔦 其の492012/11/03 01:01:00

丁度咲き出した石蕗(つわぶき)の花言葉は、「困難に傷つけられない」。
今日の蔦 其の49-1

色々と已む無き事情が重なって居て、此処の処、蔦は臨休が重なって居る。 ツイッターでの告知を見落とさない事が肝心だ。 金曜日の昼、13時30分頃に到着すると数名の方が列を為して居る。 並び方を守らないと近隣クレームが来るので、祐貴君も武田君も気を遣って居る。 其れでも20分位待っただったろうか、武田君が招き入れて呉れる。 昼に伺ったのは久し振りだったし、況して行列参加だったので、喰券を忘れそうに為ったり、水を忘れたりとバタバタ。 普段、水は飲まないからなぁ…

今日の蔦 其の49-2
御願いしたのは、醤油そば。 ベースの一杯は明らかに旨さが進んだ。 頻繁に「スープ変えました情報」が入るので、最後のアップデートが何時だったのかは定かでは無いのだが、小生が前回頂いた後なのは間違いが無いだろう。 醤油の切れや輪郭のシャープネスは其儘に何と云うか深みとか広がりとかそんな印象が強く為った。 貝の味わいをやや低くした様に感じるが、鶏とのバランスも良い。 野菜は使って居ないとか、使うとか云う御話を伺ったと記憶して居るのだが、前回の壱岐っ娘に溶かして仕舞った。 麺のパキッとした印象は健在で、此のスープとのマッチングは特筆物だ。 2種類のチャーシューや細くスライスされたメンマ、白髪葱等の全てに隙が無い。
小生の後ろに並ばれたのは、一寸ヤンキーっぽいのだが、可愛い御嬢さんと御父さん。 見掛けに依らず(笑)、父娘仲が宜しい様で父上が羨ましい。 しかし、祐貴君が並び人向けに書かれたメッセージの中に彼女が読めない字が有ると云うのには、驚いたねぇ。 小生の意地が悪い程に漢字多様の文章を披瀝して見たかったなぁ(笑)。

ロックンロールワン@町田 其の1012012/11/03 02:02:00

光の中で戯れて居るのは、「狐の孫」達。
ロックンロールワン@町田 其の101-1

ロックンロールワン@町田 其の101-2
小さな花(奥行:約8mm 花径:約5mm)のアップ。 そんな顔をして居る? (花名の由来は別)

スケジュールを彼是と調整した結果、週末を控えた夜に町田へ。 FILE さんは代々木に行かれた様なので、不義理をして仕舞った… 毎週の擦れ違いだ。

ロックンロールワン@町田 其の101-3
此の夜は、頂く一杯を決めて居た。 鶏白湯も良いのだが、久し振りに海苔に塗れて見たくて「花巻」。 大判の海苔に揉海苔を乗せて、此の夜は柚子を最後に二削り、三削り加えて下さった。 流石は柚子で、風味が心地良く香る。 海苔の真中に開いた穴から麺を摘み出す様に頂く。 揉海苔がスープに溶け落ちて行くに連れて味わいも連れられて行く。 此のデリケートな醤油のテイストが大胆にも海苔とコラボ出来るのだから、其れも亦、不思議な物だ。 穂先メンマ、チャーシュウを頂いて最後に海苔をスープに浸して頂く。 ラーメンショーでの夏さんに造って頂いた一杯も海苔にスープを染み込ませて頂いたが、此の喰べ方は好みだ。 洗練された鶏と醤油のスープが海苔で真っ黒に見える様に為った処で、完飲。 久々の花巻は相変わらず好みの作品だった。

撮って見た 其の562012/11/04 13:37:16

宝鐸草(ホウチャクソウ)

甘野老のフォトテイクを済ませて、広場を巡って居ると…ん? 此れは甘野老では無いな、と足が止まった。 他所の葉を敷いて楽をして居る?様に咲くのは、宝鐸草だろう。 茎が分岐して居るし、笹に似た互生の葉や合着しない花被片(此のフォトでは良く判る)で其れと知れる。
撮って見た 其の56-1

宝鐸(ほうちゃく、ほうたく)とは御堂等の寺院建築物の簷先の四隅に吊り下げられた飾りを云う。 此れは風鐸(ふうたく)とも云い、元々は唐の岐王が竹林の東西南北に吊るして、内部の触れ合う音や風向で吉凶を占った「占風鐸」の道具だそうだ。 風鈴の起源は此れではないかと云われて居る。 フォトは南禅寺の宝鐸でとても立派。
撮って見た 其の56-2

漢名も「寶鐸草」なので、其の儘、和名とした様だ。 甘野老の項で似た花に挙げて居るが、こんな近くに咲いて居たのね。 清楚でスリムな御嬢さんだが、甘野老と違って若芽は有毒(嘔吐・下痢)。 甘野老や鳴子百合に似て居るので、要注意と云うのは山菜採の常識だ。 手折ると淡い悪臭が有るとの事。
ユリ科(APG植物分類体系ではイヌサフラン科)チゴユリ属に分類される。 学名は「 Disporum sessile Don 」は、希臘語で「二重の種子」の意味。(丸い緑色の実が秋に不思議な青紫色に輝く)
撮って見た 其の56-3

狐の提灯(キツネノチョウチン)や淡竹花(タンチクカ)の別名が有るが、後者は中国名で「ホウチャクソウ」とも読ませるらしい。 花言葉は、追憶・よきライバル。
細かい話に為るが、「フィールドウオッチング3 早春の季節を歩く」(1991年刊)には、宝鐸草には2倍体と3倍体が有ると記されて居る。 「2倍体の花柱は花冠より長く、外に突き出している」との事だが、小生は見た事が無い。 此の花柱を風鐸の中に下がって居る風招(ふうしょう)と結び付けて、此方が本家的な話も有るのだが…
小さな個体を「姫宝鐸草」と呼ぶ事も有るが、種が違うのかは不明。 「黄花宝鐸草」は兎も角、「紫宝鐸草」は見た事も無い。 「稚児百合(チゴユリ)」と自然交配した種は、安直に「宝鐸稚児百合」と云う。


黄花宝鐸草(キバナホウチャクソウ)

デジカメを構え乍、堅香子の広場から戻って来て驚いた。 黄花宝鐸草が咲いて居る。
撮って見た 其の56-4
以前に一度見掛けた記憶が有るが、レンズを向けるのは初めてだ。

撮って見た 其の56-5
咲き始めは上を向いて居るのだが、開花する頃には俯いて仕舞うと云うシャイな花だ。