今日のワイン 其の7682012/09/21 15:01:29

ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ キュヴェ・ラトゥール 赤
Louis Latour Bourgogne Cuvee Latour Rouge 2010

今日のワイン 其の768
Bさんに会いに naginicai に伺った際に持参したボトル。 鶏を用意して下さって居ると伺って居たので、其れを考えて選んだ。 白よりも矢っ張り、赤なんだよね、小生は。 鶏肉は調理次第では有るが、牛や豚に比べると華奢な味わいなので、素材との相性に余り拘らないタイプのピノ…だろう。 今や「コルトンの帝王」と呼ばれるそうだが、(ホント?)まぁ、白の「コルトン・シャルルマーニュ」の話だろう。 だが、此のコート・ドールのピノも悪く無い。
ルビーカラーの液体は結構綺麗だ。 如何にも良いピノって感じのバイオレットが漂うブーケだが、少し其れだけっぽいかも。 テイストは、「遣った!」…此れは鶏料理向きだ。 淡白な叩きからソテー迄イケるでしょう。 と、自分のセレクションに酔ってどうする(笑)。 多少、人工的なニュアンスも有るのだが、ピノの繊細感とレッドチェリーの果実感は中々素敵だ。 甘さは蜂蜜的だが、極軽いので爽やか。 タンニンも充分だが、前述の甘さや強く無い酸味との調和がしっくり来ない印象だ。 此れが後舌に雑味と感じる要素を残す。 ピノ100%では無いのかも知れない。 と、まぁ多少ケチを付けたく為る要素は有るにせよ、CPの良いブルゴーニュで有る事は間違い無い。 コルトンのグラン・クリュでも試して見ようかと云う気にさせられた。(そんなに高く無いし…)

コメント

トラックバック