饗 くろ喜@秋葉原2012/09/11 01:01:00

月曜日は何処も彼処も定休日。 其れならチャンス到来! 浅草橋から汗々(何時迄此の暑さは続くんだい?)で辿り着いたのは、開店10分前。 既に3名の方が御待ちだった。 先日、渦で楽しい時をシェアした黒木さんの一杯を頂きに遣って来たのだ。

饗 くろ喜@秋葉原-1
券売機では、ノーマルの塩とハートランドのビールを一杯。 御摘みは厚手のハムの様なチャーシュウと茄子、小松菜(かな)。 ハートランドと云うのが結構なセレクションで、暑い中を歩いて来たのが報われる。

饗 くろ喜@秋葉原-2
塩ラーメン、なんて綺麗で美しいスープなんでしょう。 丼を持ち上げてそっと啜ると、期待とルックスを裏切らないクリアで切れの有るテイストに笑みが漏れる。 鶏の風味の下に煮干等の魚介が流れ、麗しい塩が見事なコクをコラボする。 カウンターに乾燥梅干が有る。 以前に蔦でも頂いたが、塩スープに適度なインパクトを齎す御洒落な香辛料だ。 揚牛蒡が乗って居るのが珍しいが、香ばしさとシャキシャキした喰感が喰欲を誘う。 小松菜やメンマ、やや燻製っぽい印象が有る低温ローストタイプのチャーシューの味わいもユニークで美味しい。 麺は細麺で御願い(平打麺も選べる)したが、適度に残した固さが良いし、風雅な香りが優雅な塩にピッタリと来る。 此は人気店に為るのは当然だ。 浅草橋と秋葉原の中間と云うロケーションを覆して余り有る。
困った… 亦、伺いたい店が増えて仕舞ったなぁ。

燦燦斗@東十条 其の1812012/09/11 23:23:00

午前4時半の空はこんなに暗く為って仕舞った。 何時しか払暁の蝉時雨が蟋蟀(こおろぎ)の声に変わった。
燦燦斗@東十条 其の181-1
オリオンの隣でシリウスが、ヴィーナスにジェラシーを感じて居る。 そんな様子を重齢のルナが可笑しそうに見詰めて居るのを16:9に切り撮った。(シリウスはフレームアウトして居る)

此の日は燦燦斗。 翌週は夏休みの予定を入れたので、伺えそうも無い。 だから、此の日は絶対の覚悟でスケジュールした。 そう、未だ「夏休み」が季節外れには感じない気温で、此の日も東京は33度。 何時涼しく為って呉れるのだろうか。(屹度、20日だろう)
燦燦斗@東十条 其の181-2
でも、ラーメン。 何時もの味わいを満喫する。 魚介風味が立って居るスープなのだが、煮干よりも節の味わいが勝って居るので、小生は此のスープが特に好きだ。 豚骨醤油のテイストが其処に心地良く絡む。 其れを持ち上げる太麺の喰感や小麦粉の風合が、亦良い。 麺に葱や貝割を添わせて、白胡椒を少々。 此が小生のスタイルだ。 御気遣いの味玉迄堪能して、引き上げる。 次回は2週間後かと思うと淋しいなぁ。