今日のワイン 其の7312012/06/03 09:02:27

マルサネ レ・ロンジェロワ ドメーヌ・シルヴァン・パタイユ
MARSANNAY Les Longeroies Domaine Sylvain PATAILLE 2008

今日のワイン 其の731-1
ヴァンドヴィでの2本目は、マルサネ村。 云わずと知れたコート・ド・ニュイ最北のアペラシオン。 でも、やっぱり、南のロケーションに比べればマイナー("Forgotten Burgundy" なんて云われて居る)で、ロゼワインの…と称される事が多い。 だが、漫画云々に言及する迄も無く、最近の赤の評価は高い。 或いは、平均気温の上昇も此処に関しては良い効果が出て居るのかも知れない。 一方で、シルヴァン・パタイユの名前は知らなかったのだが、ソムリエ小母様が推薦して下さった。

今日のワイン 其の731-2
少しだけ燻んだ印象も有るが、綺麗な紫赤のピノ・ルビー。 ブーケには酸味の有るワイルド・チェリー。 森の中に一部だけ陽が差し込む草叢が有って、其処に紫色の花と一緒に此のチェリーが自生して居ると云うイメージが湧く。 相当に酸味が有る液体なのだが、ベリー以外に李(すもも)やプラムの果実感がフレッシュネスを齎して居る。 亦、タンニン粒が細かいので、余計に酸味を感じるのだろう。 底辺にはブラック系の果実が休んで居り、時間が経つと其れが少しづつ上に昇って来る感じがする。 2008年と云うヴィンテージの傾向なのかも知れない。 ミネラル感は強くは無い物の、確かに感じさせられるし、僅かに甘さの中に香ばしさが有るのは、何処から来るんだろう。

コメント

トラックバック