今日の渦 其の4432012/05/06 12:07:55

連休に孫を連れて遊びに来て居た娘夫婦が帰り、急に淋しい気分。 奥さんは、ナントカのライブだかへ御出掛。 こんな気分の夜に行くなら、渦しかない。 と、開店時刻に本鵠沼へ。 だが、あちゃ~と云う大行列。 江の島へ遊びに来られた方々が、「渦へ寄って見よう」と云う感じで集まって居る印象だ。 こう云う時は、2時間もすれば逆にまったりすると云う経験則を持って居る。 で、一旦、藤沢へ戻る。 同級生がハードリカーのクラシカルなバーを遣って居るので、其処へ潜り込む。 「オイオイ、開店前だぜ」と優しく迎えて呉れた。 そう云えば、「Closed」に為って居たかな(笑)。 「PortCall」ばかりで無く、偶には「B♭」にも顔を出さなくては… 此処ではフォトテイクは無しで、4杯程空にする。 扨、頃合や良しと腰を上げて、再び本鵠沼の地へ。 「和(nico)」の店内に渦の御馴染さん多数発見。 渦の混雑を避けて流れて来たのか? 週末の渦とのタイアップな作品が御目当なのか? 渦の店内は「待ち」は無い物の、丁度満席。 でも、常連さんの御一人が帰られる処で、偶然にも何時もの席に通して頂けた。

今日の渦 其の443-1
本日の一品メニュー。

今日の渦 其の443-2
其の中から「つまみレアチャーシュウ」を頂く。 相変わらずの美味。 渦では当たり前に頂いて居るが、此れは中々他では頂けない逸品だ。 試作のアンチョビと焼トマトも頂いたのだが、フォトが無い…

今日の渦 其の443-3
この夜も白ワインをグラスで頂く。 最初の一杯は、氷を落として…

今日の渦 其の443-4

今日の渦 其の443-5
最近の〆は、此れが多い。 芳実オーナーの顔を見詰めると、「判りました」と拵えて下さる。 小麦粉の香る腰の有る麺、和風な味わいに満ちた漬汁。 其れに絡ませる数々の薬味。 うん、一見腕の振るうポイントが少なそうに見える作品の随所に、芳実オーナーの心配りが滲む。 でも、次回は温麺の作品を頂こう。

札幌ラーメン こぐま@藤沢2012/05/06 21:24:53

この日もめじろ藤沢店は「無断臨休」。 どうしてホームページでの臨休告知をして呉れないんだろう…(と、思ったら、開店時刻後に告知文がアップされて居ました) オヤジさんの体調も心配だけれど、日曜日だし、御客様の足が遠のくのも気懸りだ。 で、小田急線に乗り込む。 ツイッターはチェックして居たのだが、念の為に芳実オーナーのブログをチェックして… おぉっと、電車から飛び降りました(笑)。 連休の御疲れが出たのだろう、御大事に。
で、向かったのが、「札幌ラーメン こぐま」。 一度、伺って見たかったのだが、めじろ、渦が有る環境ではチャンスは巡って来なかったのだ。 前客こそ1名だったが、後客はなんと13名。 日曜日の14時過ぎで… いやぁ、ラーメン500円でこの味、この人気! 1972年から40年の長きに渡って、昭和ノスタルジーを守って来た店。 いや、「守って」等と云う意識は無いのだろうな。 日々の積み重ねが今に至って居る「だけ」なのかも知れない。 瓶ビールさえ置かないと云うポリシーも感じ入る物が有る?かも。 御隣の喫茶店と併せて、レトロスペクティヴなロケーションが、映画の「20世紀少年」のロケにも使われたと云うのは、有名な話見たいだ。

札幌ラーメン こぐま@藤沢
此処は「牛乳ラーメン」が、メインイベンターなのだろうが、矢張、醤油ラーメン。 でも、厨房の中に見える、パサボソのチャーシュウが欲しくて、チャシューメン(品書の表記の通り)にして見た。 其れでも650円。 チャーシュウの枚数は、フォトでは判り難いが、8枚程を数える。 クオリティの高い物では無いが、昔味で偶には良い。 超ハードボイルドの茹玉子は小生の好みだ。 1個分入って居るのでは無く、スライスが二片。 適切なボリュームだ。 丼の真中には蘖の山が有り、ロクに晒して居ない葱が乗る。 やや温目のスープは大蒜、生姜と化学調味料の甘さが出た醤油味。 ちっとも複雑には感じないが、鶏ガラと豚骨ベースで悪くは無い。 テーブル胡椒を振って、懐かしさを高める。 中太の麺は緩い茹具合なのだが、文句を云う様な次元では無いと、暗黙の納得性が込められて居る(笑)。 はは、「痘痕も笑窪」とは良く云った物だ。 亦、両店に振られた際には、迷わず再訪しよう。