今日の蔦 其の182012/04/06 01:01:00

もうコートは要らない? でも、朝夕は寒いし… 彼岸も過ぎて、朝、駅に向かう道でも桜を愛でる程の明るさに為った。 そんな麗らかな一日も暮れて行こうと云うタイミングに巣鴨へ。 開店時刻でも充分に明るく、エアポートに出入りするカップルも… いや、堂々とされて居ます(笑)。

今日の蔦 其の18-1
店頭の雪洞に文字が入った。 祐貴君がサラサラと店名を書き入れたそうだが、この絵心は羨ましい。

今日の蔦 其の18-2
折角なので、祐貴君と武田君のツーショットを頂く。 この照明配置だと当然、顔が暗く為るので、レタッチ。 でも、一番暗い箇所は肌荒に為って仕舞いました。 スミマセン…

今日の蔦 其の18-3
この日も壱岐っ娘のチケットを2枚、更に1枚とグラスを重ねる。 この夜の壱岐っ娘は、丸でウィスキーの様な味わいが際立って居る様に思えた。

今日の蔦 其の18-4
摘みセットの味玉をチャーシューに変えて頂いて、一皿。 壱岐っ娘が進むので、もう一皿。

今日の蔦 其の18-5
此方は通常の御摘チャーシュー。 そんなに豚ばっかり喰べてはいけませんから…って、充分以上に豚腹だ。 蔦の2種類のチャーシューは、何れも美味。 タレの量も濃さも実に適切だ。 此れを壱岐っ娘と一緒に頂くと格別だ。

今日の蔦 其の18-6
此は玉筋魚(イカナゴ)の釘煮。 丸で錆びた釘を煮た様に見えるので、この名が有ると教えて頂いた。 祐貴君が振る舞って呉れたのだが、前回頂いた物よりも高級品だそうだ。 確かに此は旨い。 御酒が進みそうだ。

今日の蔦 其の18-7
締めは、醤油らぁ麺、改め、醤油そば。 祐貴君は「そば」の名称に拘ったのだ。 スープも麺もメンマも変わった。 変わらなかったのは、チャーシュー位の物だ。 発展途上に有るとは云え、其のスピードは凄まじい。 だが、其の進化の味わいは素晴らしい。 開店初日から完成度の高さには舌を巻いた物だが、この日もたっぷり驚かされた。 非常に美味い。 醤油の立て加減も丁度良いし、濃くは無いが味わいの深さ、玄妙さは特筆物だ。 ライトなタッチにディープなテイスト。 或る意味では、理想的なアプローチに沿って居るだろう。 このスープを頂いて居ると何処迄美味しく為るのか、楽しみが広がる。 武田君謹製の麺は、少し太く為った。 と云っても、細麺だが。 長くて、ツルっとした喉越が特徴。 このスープと麺のタッグは、鬼に金棒の喩えを引きたく為る程だ。 いや、驚いた!

コメント

トラックバック