今日のワイン 其の7092012/04/01 21:25:06

ヘイブンス メルロー ナパ ヴァレー
HAVENS 2005 MERLOT NAPA VALLEY

今日のワイン 其の709-1
神田のワインショップで購入。 めじろの代々木本店で力丸君と飲む心算にして居たボトル。 だが、めじろが夜営業を休止したので、自宅へ持ち帰ってひとりで飲んだ。 でも、このワイナリーはバンクラプトしたので、縁起が悪いから代々木で開けなくて良かったんじゃないかな(笑)。 エチケットのデザインが気に入って購入した気分なのだが、グラフィックデザイナーの奥様が手掛けたそうだ。 USのボトルは、エチケットに何が書かれて居るのかが小生にも判る。 涼しい南の地区の葡萄で欧州スタイルに仕立てたとの事。 セパージュは、94%のメルローに4%のカベルネ・フラン、そして1%のカベルネ・ソーヴィニヨンを加えて居るそうだ。 御呪(まじな)い的な比率だけど… 残り1%は何なのだ? (丸目誤差です)

今日のワイン 其の709-2
深くて濃いバイオレット・ルビーカラーだが、此れだけ濃いとガーネットカラーと云われても頷くしか無い。 序でに云えば、小生に取っては、ブラックチェリーとレッドチェリーも微妙で、時間の経過で両者が入れ替わる事も有る。 まぁ、小生の感想なんて、其のレベルだろうが、このボトルのブーケもレッドチェリーだと思うのは、パーカーさんがそう云うからなのかも知れないなぁ。 薄荷と煙草なら、セーラムの香りかな… 40年前の記憶だけど。 口にするとココアやエスプレッソの様な味わいもする。 タンニンは比較的穏やかで、小さく纏まったと云う感じをサポートして居る。 陽に恵まれた果実感と一寸だけ厚みの有るオークの甘味(もう少しシルキーで有って欲しいが)とバランスの取れた酸味。 全ての要素が少し物足りなくは有るのだが、揃っては居ると云うイメージだ。 この味わいは、小生には欧州では無く、カリフォルニア的に思える。
悪く無い評判のワイナリーでも倒産するのだから、良いワインを生産する事と経営を維持するのは、別物と云う事か…

コメント

トラックバック