ロックンロールワン@町田 其の592012/03/25 14:39:16

素晴らしい春の快晴、物凄い花粉量… 出掛けたいやら、籠もりたいやら。 決断を後押ししたのは、ユウタのブログ。 ロックンロールワンで「100%自主製作ラーメン」を遣るとの事。 そりゃあ、行くでしょう。 普段よりは30分だけ早い小田急線で到着。 既に御馴染みの御二人が到着されて居た。 で、此処から1時間。 ユウタ人気なのか、開店時刻には席数以上の方が並ばれた。 扨、開店。 800円の「2号」の喰券を購入して、「ユウタで!」と告げる御約束。 当初は塩味の予定だったのを醤油に変更したので、喰券も「2号」にした次第。

ロックンロールワン@町田 其の59
「ユウタスタイル海老醤油ラーメン」と云う名称の作品。 海老の香り自体は、丼からはそうは昇って来ない。 此は意外だったが、丼を持ち上げてスープを啜ると、そぉっと奥から海老の風味がフェードインして来る。 其の具合が心地良い。 最初は仄かに、徐々に確りとそしてハッキリと遣って来る。 成程、此は巧い造り方だ。 正直、小生は海老のスープを余り得てとはして居ないのだが、この弁えた感じは悪くない。 ロックンロールワンで造るのだから、当然、澄んだ醤油スープに為るのだが、師匠同様に麗しい軽快感が有る。 勿論、コアの醤油テイストも凜として居る。 胡椒のインパクトを感じるが、此は敢えてテーブル胡椒を使ったそうだ。 何処かに南方系の味わいを秘めたスープだが、中々上手に纏められた様だ。 プリプリの海老を納めた大き目のワンタンがひとつ乗って居るのが、可愛いワンポイント。 中身のテイスト迄、良く考えて、丁寧に拵えたと云う感じが良く伝わって来る。 焦がし葱もオイリーに為らずに香ばしさだけを上手くピックアップした。 切り方を色々と試した結果との事。 白髪葱も非常に細くスライスされて居た。 他の具はノーマルな作品と同じかな? イベリコ豚のチャーシューが2枚乗って居るが、此は普段のカットとは違う様だ。 麺は2号と同じ物だと思うが、この好素質の麺の功績は大きく、このスープとのマッチングもピッタリだろう。 うん、ユウタのロックンロールワンでの処女作としては、充分に及第点だと思うのだが、嶋崎さんの採点や如何に?
帰り掛けにユウタに感想を問われたのだが、大体、前述の様なコメントをして、引き揚げる。 この日はユウタの成長を確り感じ取る事が出来た。 次作も楽しみにして居よう。

今日のめじろ@藤沢 其の6422012/03/25 16:22:35

暫く間が空いた?、と云っても1週間にも為っては居ない…(笑)。 日曜日の昼過ぎに伺った。 力丸君の体調不良で代々木本店が御休みして居たのだが、藤沢店の営業に影響は無かったのだろうか? オヤジさんは元気見たいで、此方は最近は臨休情報が挙がらない。 順調なのは何よりだ。

今日のめじろ@藤沢 其の642
この日も醤油ラーメンに焦がし葱のトッピングを御願いした。 スープは何時もの通りのオヤジさんの味わい。 チャーシューは、柔らかくて美味しいし、メンマも変わりない。 焦がし葱もパサパサで焙煎感も高い。 麺の餅々感も何時も通りで安心した。
丁度、渦の常連のTさん御夫妻に遭遇。 自宅迄運んで頂き、花粉症の身としては大助かりでした。

20120325 F1 2012年 マレーシアGP 決勝2012/03/25 21:01:30

公道コースのアルバートパークから、常設コースのセパンへ。 「 STOP & GO 」から、テクニカルコーナーも有るサーキットへ移り、マシンのポテンシャルが愈々試される時に至る。 P3迄の結果を見ると、メルセデスが良さそうで、マクラーレンがやや不振に思えるが… 未だクオリファイを観て見ないと、矢張、判然としない。 赤い車、特にフェリペのマシンが駄目なのだけは誰の目にも明らかだ。

混戦のクオリファイの最後にジェンソンが、2番手に飛び込んで、アルバートパークに続いてマクラーレンのロックアウト。 ルイス(あのミスが有って、このタイムかよ!)とジェンソンでフロントローを占める。 ちっとも不調では無かったのね。 久し振りにクオリファイのインタビューに登場したのは、ミハエル。 え~っと、2006年の日本GP以来だ。 セブは前回に引き続いて、6番手のポジションに留まる。 セブの前に居るのは、マークとキミ。 但し、キミはギアボックスを交換して居るので、10番グリッドに就く事に為る。

ファイナルの天候は雨。 中継の始まる15分前からの事だそうだ。 各マシン、インターミディエイトを履いて居る。 マクラーレンの2台は順当に1コーナーに入って行ったが、ロメが雨に足を取られたのか?、スピンを喫して、此れに巻き込まれたミハエルと共に順位を大きく下げる。 マークが3番手、セブ、フェルナンドのオーダー。 雨は激しく為り、各マシンがウェットに履き替える。 マクラーレンは5周目にジェンソンからPI 。 翌周にルイス。 レッドブルは6周目にマークとセブのWPI 。
雷鳴が轟き、路面状況が悪化(ジェンソンが「最終コーナーが湖だ」と訴える)して、SC。 まぁ、止むを得まい。 停電が起きた様で一瞬赤旗が出るが、直ぐに「NO RED FLAG」のインフォメーション。 この段階のオーダーは、ルイス、ジェンソン、セルジオ、マーク、フェルナンド、セブ… 9周目には本当に赤旗が振られて、レース中断。 セルジオは早々にタイヤ交換したのが、吉と出た。
18時15分(JST)に51分の中断を経て、SC先導でスタート。 当然、ウェットタイヤの装着が義務付けられる。 どのタイミングでインターミディエイトに履き替えるのか… 其処が勝負を分ける事に為りそうだ。 タイヤは兎も角、各パイロットはブレーキの温度を保つのに余念が無い。 飛ばしちゃ踏み、踏んでは飛ばしだが、先行車を抜くとペナルティだよ~。 14周目にSCが引っ込み、ローリングスタート。 ジェンソンは直ぐにPI して、タイヤ交換。 翌周にルイス、フェルナンド、マークが入る。 フェラーリのWストップの煽りを喰って、ピット後にルイスはジェンソンの前に出られず。 更にフェルナンドにも先行されて仕舞う。 だが、ジェンソンはナレインとの接触が有り、ノーズ交換で順位を大幅に落とす。 流石のジェンソンも焦ったか? 無理をする処じゃなかったぞ。 で、オーダーは、フェルナンド、セルジオ、ルイス、ニコ、セブ、キミ、マーク… 20周目にDRSが使える様に為る。
26周目には、フェルナンド、セルジオのトップ2がファステストを出し合う状況。 冴え無い可夢偉に対して、セルジオは良い走りだ。 だが、亦、雨が来るとの予報が… 一方で、インターミディエイトの温度が上がって来て仕舞う。 うーん、頭が痛い状況だ。 37周目には、セルジオがフェルナンドに3.9秒に迫る。 同じフェラーリエンジンだが、親方を抜いてはイケナイかも? 38周目にドライに換えたダニエル(リカルド)のペースを見て、マーク、ニコ、ジェンソンらが、タイヤ交換。 セルジオはタイヤのヘタッたフェルナンドにDRSギャップに迫ろうと云う勢い。 40周目にフェルナンド、セブらも続々とドライに交換。 どうするセルジオ? 41周目に入って、ハードに交換したが、やや時間が掛かり、オーダーは変わらず。 最後にルイスがタイヤ交換(8.4秒って何?)。 結局、雨は来ず…
各マシンのペースがどんどん上がる中、フェルナンドとセルジオのギャップが再びどんどん縮まって行く。 いや、セルジオ、速いよ! ファステストを出して、毎周毎に刻んで行く。 49周目、遂にセルジオがフェルナンドのDRSギャップに至る。 ピットからの檄に応えて、セルジオが行く、行く。 処が50周目の事、セルジオの挙動が乱れて、痛恨のオーバーラン。 ギャップは5秒に開いて仕舞った。 そんなタイミングに自己ベストで逃げるフェルナンドは老獪じゃ。 結局、セルジオは2位。 嬉し、悔しのポディウムだろう。 あれが無ければ、行成の頂上だったかもねぇ。 ペーター・ザウバーが顔を皺苦茶にして、ラジオに登場… 良かったね。 ルイスに続いたのは、マーク、キミ。
20120325 F1 2012年 マレーシアGP 決勝

セブは48周目にナレインと接触して左リヤがバースト。 タイヤ交換した物の、トラブル頻発で再三のボックスや停止の指示が出たのに、其れを無視…したのでは無くて、ラジオが聞こえて無かった様で、結局11位でフィニッシュして仕舞いました。 ジェンソンは散々の14位。 可夢偉は結局、リタイヤ。 同僚に差を付けられちゃいました。
いやぁ、手に汗を握る面白いレースだった。