ロックンロールワン@町田 其の582012/03/24 01:01:00

翌日は町田に伺うのが難しい状況だ。 めじろの代々木本店が御休みと云う事も有って、金曜日の夕方にロックンロールワンへ。 新宿から乗ったロマンスカーは、ほぼ満席。 御隣に為った御嬢さんは余程御疲れの様で、シニアな小生でも暫し肩を貸して差し上げる事に。 ロマンスカーの名前は、「隣り合った見知らぬ二人にロマンスが芽生える様に」と命名されたとの事だが、こんな千載一遇の機会でも、小生は例外らしい…嗚呼。 町田と云う場所は雨が降り易いのでは無いだろうか? 降れば結構な強さにも為る様な… この日も新宿に比べて、一層強い雨が舗道を叩いて居た。 傘の滴を入念に切ってから、ロックンの派手な?扉握に手を掛ける。

ロックンロールワン@町田 其の58-1
この日はノーマルな「2号醤油」を御願いした。 根っからの淡麗なスープ。 徐々に深みが増して行くのが感じられる。 此だけのエレガンスなのに、時に濃いテイストとさえ思わせる醤油の芯の確り感。 何時も思うがスゲェ作品で、ライトな味には凄みさえ存在して居る。 鶏油と醤油のコラボレーションが此以上は無いと云うセンスで達成されて居る。 海産の風味が其れを引き立て、麺が絡み付く様にスープと交わる。 そして、2枚の異なるチャーシューや穂先メンマで、隙無く固められた作品。 そんな一杯を堪能して駅に戻る足取りは軽い。


夜に為って、雨脚は更に勢いを増して来た。 金曜日の夜、力丸君はどうして居るのだろう。 2日続けての臨休が気懸りだ。 どう考えてもめじろの本店をひとりで切盛するのは、無謀と云わざるを得ない。 折角の「2号醤油」で高まった気分迄、叢雨に打たれた様に陰へと転じる。 そんな気分をひとり鎮めて帰りたいと、PortCall の扉をそっと開ける。 こんな早い時刻に伺ったのは初めてだろう。

ロックンロールワン@町田 其の58-2
ギムレット…

ロックンロールワン@町田 其の58-3
山崎を何杯か…
最近伺う様に為ったこの御店も亦、居心地が良い。 雨の夜は更也。

今日のワイン 其の7012012/03/24 18:14:33

カーザフラッシ キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ カヴァソンノ
CASAFRASSI / CHIANTI CLASSICO RISERVA "CAVASONNO" 2004

今日のワイン 其の701-1
ロックスオフで家飲用に購入した1本。 余りキアンティには手を出さない方なのだが、御店主に「こんなキアンティも有るんです」と絆されて購入。 何でも無い夜に行き成り抜栓。 こう云う飲み方は好き。 エチケットをじっと見詰める。 道産子見たいな馬だとばっかり思って居たら… 豚かいな? 調べて見たら、「チンタセネーゼ」と云う絶滅危惧種の豚だそうで、何故か此のカンティーナで飼育して居るらしい。 エンブレムもアニメに出て来る黒人のコックさんに見えるのは、小生だけだろうか? 飲む前から眩暈がしそうだ。

今日のワイン 其の701-2
濃いカラーで、ルビーだかガーネットだかはっきりしない。 セパージュは、サンジョヴェーゼが9割で残りがメルロー。 ブーケは今一つ決まらない印象だが、レッドチェリーとコーヒー豆。 バニラは樽由来かな。 タンニンも強く、スパイシーでガッシリ系の味わいで、とても男性的なキアンティだ。 「リゼルヴァ」は伊達では無いのかも知れない。

今日のワイン 其の7032012/03/24 18:39:10

ボルゴ・マラグリアーノ シャルドネ ブリュット ヴィーノ スプマンテ
Borgo Maragliano Chardonnay Brut Vino Spumante

今日のワイン 其の703-1
シニア・ワインエキスパートのCさんのバースデイに渦で乾杯。 本来は別な常連さんの為にキープして置いたのだが、1年以上も忘れて居た。 ま、御本人も同席されたので、御許し頂こう。 値の張るボトルでは無いのだが、評判は芳しい。

今日のワイン 其の703-2
ピエモンテのシャルドネ100%と云うスプマンテ。 照明の所為か、やや薄めに写るベージュの入ったライトな黄緑色。 バブルの上がり方は中々洗練された印象だが、まぁ大体のスパークリングはそう見える(笑)… 少し液温が低いのだが、柑橘系のアロマは確りして居る。 グレープフルーツとジャッファの様な感じ、いや、先日、オーナーに頂いた文旦なのかも知れない。 其れにアーモンドがチラリ。 アロマで覚えるよりも大人な味わいで、幽かな苦味は夏蜜柑とか檸檬とか… 酸味は際立って居り、苦味を取り込んで行く様だ。 温度の上昇に伴って炭酸の印象が強まるのが、少し気に入らない。 でも、其れは物理学的特性なので、止むを得まい。