特級中華そば 凪@駒込 其の22012/03/07 01:01:00

前夜に蔦で御目に掛かったタローさんは、駒込に向かわれた。 何だか小生も伺いたく為って、翌日に訪問。 開店前の店内は、珍しくバタバタした空気が感じられる。 煮干箱が崩れそうに為ったらしいが、危なく玉子が崩壊…と云う危機。 何とか事無きを得て、開店に漕ぎ着けたが、此は煮干の祟りに違い無い。

特級中華そば 凪@駒込 其の2
カウンターに付いて、扨、何を頂こうと西尾さんのリコメンデーションを促す様に見詰める? 「どっちも出来ます」と仰るのは、鶏ベースもOKと云う事。 其処で、前回と同じく鶏を頂いた。 先ず、前回よりも煮干油の煮干香が強い。 鶏スープでも油は煮干なのだが、前回は殆ど其れを感じなかった。 だが、刳いかと云えばそんな事は無い。 緩やかに香る洗練煮干は悪く無い。 其れにスープの辛みが増した。 この日は胡椒を使ったので、其の所為も有るのかも知れない。 何れにせよ、鶏の風味に穏やかな醤油とピリ辛。 そして大人しい煮干、佳いスープだと思う。 チャーシューは味噌風味が付けられて居り、肉も柔らかく為って美味。 麺はパキッとした印象も有るが、喉越も良い。 西尾さんは、スープが濁ると難しい麺と仰るが、其処迄は判りません(笑)。 次回は塩鶏を御願いして見たい。

コメント

トラックバック