ロックンロールワン@町田 其の532012/03/04 18:24:48

花粉が… 魔理沙が来て居るし…(あ、霧雨ですが…) 

ロックンロールワン@町田 其の53-2
そんな肌寒い日では有ったが、花の季さんとロックンロールワンとのコラボと有れば、伺いたくも為ろうと云う物だ。 日曜日の限定為らば、前週の1周年の時程では無いにせよ賑わうだろうと、普段よりも1本早い快速急行に乗り込む。 で、結果は4番手。 ま、妥当なポジション(笑)だ。
ファーストロットを逃した分、調理課程を十二分に拝見したが、牛肉を煮て、彼(あれ)を入れて、此を振って…と、何時も乍大変に手間の掛かるプロセスを経て完成する。 良くもこう複雑な手順を編み出す物だと感心する。

ロックンロールワン@町田 其の53
最初に別皿で出て来るのは、黒胡椒を塗したガーリックバター。 途中で投じて欲しいとユウタが告げて行く。 扨、着丼したのは豪奢な一杯。 牛肉が不断に乗せられて居るので此から頂いたが、風味が嫌味に為らない程度に味付が施されて居る。 スープの濃さとのバランスが誠にドンピシャなのだ。 丼の真ん中に味噌が盛られて居る。 麦味噌だろうか? 此がスープに落ちて溶けた付近のスープの味わいが素晴らしい。 勿論、とても濃い味に為るのだが、スープ濃度も計算済みと云った感じだ。 このスープは、当然乍味噌を活かしたテイストで、この味噌が有っての、このスープと云える。 組み合わせの妙が極まった感が有る。 白胡麻風味に鶏のニュアンスが香り、バジリコも有るのかな… 蘖や葱等の野菜の旨味もこの味噌に合って居る。 麺を喰べ終わった後のスープには、味噌は勿論、牛肉と野菜の旨味が溶け込んで居るし、柚子の爽快感が残り、旨さが秀逸。 味噌の原材料である大豆等の残滓が底に残り、其れを一緒に喰べ、飲むのが最後の御楽しみ。 麺は普段よりも太目で、中太と云うカテゴリー。 僅かに縮れて居るのかしらん? 亦、上手に図って、この麺を持って来た物だなぁ。

コメント

トラックバック