今日のワイン 其の5922012/01/22 21:59:49

ピエール・コルニュ=カミュ/サヴィニー・レ・ボーヌ・1er/レ・シャルニエール
Pierre Cornu-Camus/Savigny les Beaune・1er/Les Charnieres 2008

先日にアップした「今日のワイン」は、683。 この592は前年のGWの前の話だから、浮々して居ると1年遅れに為って仕舞う。 40本程を残して、書き上がっては居るのだが、見直しをサボって居るので…、と言訳三昧。

今日のワイン 其の592-1
偶には行きましょう、とめじろの祐貴社長(当時)御夫妻を伴なって向かったのは、代々木に新しくオープンしたフレンチ、「レ・シーム」。 リエットが美味しくて、ポテトも美味で… コストパフォーマンスが良くて…と云う御店。 白・赤・赤の心算で居たのだが、御二人も赤が好きだとの事で、のっけからルージュ。
サヴィニー・レ・ボーヌは、前年の花火大会の折に幸亭で、ルイ・シュニュを飲んで居るが、ブルゴーニュでもそうは知られて居ないアペラシオン。 「ボーヌの傍ら」と云う意味で、南隣の高名なボーヌ村に肖りたいのかも知れない。 それでも、1級畑は結構有って、レ・シャルニエールもそのひとつ。 1級畑にしては、御買得プライスだ。 一方で、ピエール・コルニュ=カミュは…知らないのだが、最近、「『コスト・パフォーマンスに優れたワイン・ガイド』に連続して取り上げられ、注目を集めて居る」そうだ。 どんなガイドだか知らないが、「サヴィニー村の1級畑の中で1位」。 まぁ、村のチャンプなのね。

今日のワイン 其の592-2
カラーは、ピノにしては濃いガーネット。 少し草の様なブーケ…と云うよりも、土香も混ざった野原の匂いだ。 先日、小さな野草にレンズを向けた時にこんな匂いを嗅いだ様な気がする。 勿論、果実感も有るのだが…淡い。 初口は、ピノらしからぬ渋み。 うむ、フレッシュでフルーティでは有るのだが、とてもプルミエ・クリュの味わいでは無い。 此れで、1等賞って… 時間が経つと少しは渋みは収まるのだが、後に何が残って居るんだい?状態。 パワフルと云うかワイルドな酸味と少しの凝縮した果実感。 でも、液層が薄くて。 此れは、早飲みは駄目だねぇ。 尤も、数年置く価値が有るかしらん?

今日のワイン 其の5932012/01/22 22:07:41

シャトー・ラ・ブーレー コート・ド・カスティヨン
CHATEAU LA BOURREE / AOC : Cotes de Castillon 2004

今日のワイン 其の593
「レ・シーム」での2本目。 今度はボルドーだが、此方もマイナーなリージョンだ。 だが、漫画で取り上げられて一気に人気が出た、とか。 このリージョンのシャトー・プピーユは naginicai で2回飲んだかな。 シャトー・ラ・ブーレーは創立半世紀と云うシャトーだが、ネットでは気鋭の造り手として、売りたいリカーショップの広告ばかりが目立つ。 メルローが70%で、残りがカベルネ・ソーヴィニヨンと云う液体は、相当に黒い。 暗い店内で見ると、エッジに明るさが有る物の暗赤色。 ブーケには焚火の様な香りが多く、コーヒーとかチョコレートと云う表現をされるタイプだが、鳩麦の様な香ばしさが有る。 果実香はレッドチェリーなストレート系。 味わいも変に凝った処は無く、比較的体躯の確りしたボルドーと云える。 スパイシーさや酸味、其れにタンニンの肌理等が、そこそこに整って居り、マイルドで雑味の無い味わいは万人受けしそうだ。 一方で、面白味が足りない。 ま、このプライスレンジで其処迄求めるのは無理かな。

今日のワイン 其の5942012/01/22 22:10:25

カオール シャトー アルマンディエール
Chateau Armandiere Cahors 2008

今日のワイン 其の594-1
めじろの社長(当時)御夫妻と代々木で飲んだ3本目。 此方の話が盛り上がり、リスト外からのセレクションは御店主に御任せした。 一寸、珍しいのかな? ボルドーも含まれる所謂、南西リージョンの中、ランド地方のボトルだ。 「黒ワイン」とも呼ばれる程に濃い色相の「カオール」は、70%以上がマルベックの筈。 いや、オーセロワと云うべきなのだろうな。 この「シャトー・アルマンディエール」のカオールには、どの程度の割合をオーセロワが占めて居るのかが、良く判らない。 多分、90%で、残りがメルローだと思われるのだが、情報は少ない。

今日のワイン 其の594-2
前述した様に濃いカラーだが、系統はルビーの方に思える。 若々しいレッド系の果実やプラムのブーケ。 硬そうな印象だが、バランスは良い。 屹度、こう云うタイプのワインをセレクトされて居るのだろうと思う。 早飲タイプとは聞いて居るが、このヴィンテージで、このプライスレンジでは厳しい事が多い。 酸味もそこそこで、タンニンは大人しい。 で…、次が続かないのだ。 時間を置くとどうだろうと思って居ると、寧ろピークが引けて行って仕舞う感じで、どうにも…ねぇ。