○心厨房@東陽町 17回目2012/01/10 23:23:00

ランチタイムを少しフライングして向かったが、既に10名程の方が御待ちだ。 其れでも20分と一寸の待時間。 待って居る時に注文を訊いて呉れるのだが、其の前/後でひとりづつ店内に入り、喰券を購入する。 塩つけ麺の「熱盛」を御願いするのを忘れなかったのだが、券売機で該当のボタンを探すのが、少々難しい。 「あつもり」は50円のトッピング扱いで、別な喰券が必要に為るのね。 店内に通される直前に着丼が完了して居たので、バタバタとフォトテイク。 で、喰券を渡し忘れて仕舞った。 よし、翌日は只飯だ… あ、日付が入って居るから駄目だね(笑)。

○心厨房@東陽町 17回目-1

○心厨房@東陽町 17回目-2
小生が熱盛を頂くのはとても珍しいのだが、寒い時期には悪くないと思った。 此処の熱盛は麺を熱い出汁が浸して居る。 七味を振って直喰もして見たが、熱盛は余り直喰には向かないかな。 七味を付けた儘、漬汁に浸す。 此処の塩スープは塩っぽい処は多くないのだが、其れが魅力に為って居る。 熱盛で頂くと、漬汁の温度が下がらないのが良い。 通常のつけ麺と同じく、檸檬が別皿で付いて来る。 このスープと檸檬の相性は中々良いのだが、熱盛でも良い感じに味が締まる。 メンマや賽子状のチャーシュウが潜むスープに熱い太麺がマッチして居る。 此れは50円の価値有りだな。 麺に添えられた大判のチャーシュウも冷えて居ないので、漬汁に落とすのに迷いが無い。 複雑な味わいのスープは割らずに随分飲んだのだが、割下の代わりに麺を浸して居た出汁を入れて見たが…、此れはスープ割りを御願いした方がベターだね(笑)。