ラーメン凪 炎のつけめん 其の212012/01/06 02:02:00

新年でも有るし…と云う事で、18時過ぎに上がっためじろの力丸君を誘って、「炎のつけ麺」へ伺う。 急階段を上ると、カウンターの端には、夏さんじゃ有りませんか! 最近は御会いする度に「久し振り」に為って仕舞うが、凪の5周年のパーティ以来だ。 此れは良いタイミングに伺った。 小生は煮干が不得手なので、G街にはすっかり伺わなく為って仕舞って居たのだ。 そう云えば、ニカイにはこうして遣って来ても1階はもう何年も足を踏み入れて居ない。 もう直ぐ、駒込もそう為って仕舞うのだが、秋には都心で西中が再開されると云う、凪のオフィシャル年賀状の記載を信じて楽しみにして居よう。 あ、西尾さんもブログに書かれた見たいだ。

この後、フリークの方が続々と階段を上って来られたので、テーブル席は満席、大賑わいだ。 皆さん、此処が集まり易いのかしらん。 力丸君は、1辛小盛で炎のつけ麺を喰べられた。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の21-1
葉山さん差し入れの一皿。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の21-3
更にポテサラのチョンモランマ… でも、御皿は其れだけで、皆さん、呑み、飲み。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の21-2
小生はシャブリを1本抱え込んで、酸味と果実感豊富なボトルで、御機嫌だ。
だが、好事魔多しで有る。 新年早々の問題発生コールでオフィスに戻る羽目に… う~ん、2012年を占う様な出来事だなぁ。

コメント

トラックバック