今日のワイン 其の6762011/12/31 18:11:25

ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト・AOCポイヤック・メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ
Le Petit Mouton de Mouton Rothschild [2006] AOC Pauillac 1er Grand Cru Classe du Medoc en 1855

Mさん御夫妻に、年末の「トラットリア幸亭」に御招き頂いた。 そして、今回は最高のワインの御用意も。 小生の様な者を呼んで下さったMさん御夫妻に大感謝。
本来なら白、赤、そしてメインの赤の組み立てに為るべきなのだが、最近の小生の体力を考えると3本目にメインを置くと、舌が正しく機能しなく為る。 其処で、前座の赤、メインの赤、クロージングの赤、と云う赤ばかりの構成を組んだ。(3本目の赤は変更に為ったのだが)

今日のワイン 其の676-1
で、此れが1本目。 最初が此れかよ…と云う御指摘も多かろうが、やっぱり比べて見たい… ヴィンテージも、このシャトーに限って云えば、あの2005年よりも上位と考えられる。 RPも91点とセカンドとしては破格のポイントを付けて居る。 何時飲もうか、小市民的懊悩を抱き続けて来たが、誠に良い機会が巡って来た。
Mさんの数々の手料理を前に抜栓して、一口テイスティング。 そして、デキャンターを取り出す。 そう、この日はソムリエナイフだけでは無く、グラスとデキャンター、更に2本のワインと夜逃げの様な格好で遣って来たのだ。 視覚効果も抜群のこのフランネルタイプのデキャンターだが、効果も覿面だ。 ジロンドの左岸から来たボトルは、カベルネソーヴィニヨン(70%)、メルロー(16%)、カベルネフラン(14%)と云うセパージュ。 仏蘭西のサイトでは、更に2%のプティヴェルドが追記されて居るのだが、其れでは100に収まらない(笑)。

今日のワイン 其の676-2
未だゞ若い色相のガーネットだが、深く濃い。 デキャンターから、あのボルドーっ気満々のブーケが立ち昇って来る。 赤い果実主体の中でラズベリーを感じるブーケには、何処か甘くて香ばしいバニラの印象が混じる。 滑らかな印象の液体で、滑る様に流れて行く。 やや甘い印象のレッドチェリー、ピーチと… キャラメルの香りも有る。 スパイシーさが複雑で小生の表現力では難しい。 タンニンは柔らかいが確りして居るし、酸味が適切なレベルなので両者のマッチングが良い。 アフターの引きは確り長いのだが、少々苦味が幅を利かせて伸びる点は好みが分かれそうだ。 流石に美酒で有る。 此れで良く無かったら、暴れちゃう処だ。

今日のワイン 其の6772011/12/31 18:17:42

シャトー ムートン・ロートシルト
Chateau Mouton Rothchild 2006

「トラットリア幸亭」の御店主、Mさんが用意して下さったのが、RP98点と云うこのボトル。

今日のワイン 其の677-1
う~ん、ムートンを頂ける日が来るとは思わなかった、長生きはする物だのぉ。 此方のセパージュは、カベルネ・ソーヴィニョン87%、メルロー13%。 有難く抜栓。 そう、1本目のプティ・ムートンと同じタイミングに開けて、スタンバイさせて置いた。 プティ・ムートンを随分時間を掛けて飲んだのだが、此方をテイスティングして見ると未だゞ開いて居ないので、此方は幸亭常備のデキャンターを使う。

今日のワイン 其の677-2
とても濃い、暗いガーネットカラーだが、す、凄い香りだなぁ… 実は抜栓後のボトルからもアロマが、湧き出して居たのだが、デキャンターから、文字通り溢れ出て来るブーケはとても強靭だ。 ラズベリー、カシスとブラックベリーにオーク樽の香り… ボルドー、此処に有りと云う主張が込められたゴージャスなブーケなのだ。 口にした際の凝縮感が見事に深い。 此れを味わうと、うっかりこの単語を使えない気がして来る。 同じ事を感じるのが、舌触りだ。 撓やかと云うか強かと云うのか、瀞味が有り、本当のベルベッティとはこんなタッチを指すのだろう。 力強いのにエレガンスに満ちた液体は、鮮やかな芳醇さでも抜きん出て居る。 何もかもが秀でた味わいに跪きそうだ。 若いヴィンテージ(本来の実力が出る迄、最低10年と云う声も有る)にも拘わらず、酸味が尖らずに居て、前述の凝縮感と相俟って円熟の旨味も齎して居る。 此れには極めてスムーズ乍、存在感の有るタンニンも加担して居る。 アフターの引きも超絶で、息を止めて更にその余韻を封じ込めて置きたいとさえ思う。
あ~やっぱり、こう云うワインは「違う」んだ。 全ての予想が凌駕されて、凛然として佇む巌を見上げる気持にさせられる。 御金持のワイン好きが、こう云うボトルにしか手を出さなく為るのも、沢山の嫉妬と羨望を胸に、少しだけ判った様な気がした。 ま、解りたく無いのかも知れんが…

今日のワイン 其の677-3
ボトルを並べて見た。 フラッグシップのボトルの方が、遥かに重いのね。 背も高いし… Mさん御夫妻に多謝。 Mさんの玄人跣の料理が、このムートンの味わいを更に引き揚げて居たのは間違い無い。 感動に捉われて居て、只1枚のフォトテイクすら遺忘して仕舞う程の圧倒的な一夜の宴だった。

今日のワイン 其の6782011/12/31 18:25:16

ドメーヌ・ド・モンカルメス コトー・デュ・ラングドック
Domaine des Montcalmes 2004

今日のワイン 其の678
「トラットリア幸亭」の御店主、Mさんが是非にと勧めて下さったのが、このラングドックのボトル。 何でも若い男性がひとりで全てを賄って居るワイナリーだそうだ。 ネットでチェックして見ると、評判は上々。
ムートンの後なので、明るくも見えるが、濃厚で艶やかなルビーレッドをして居る。 力の籠ったブーケは、ブラックベリーが濃厚に香って来る。 スパイシーなアタックが最初に来るが、タッチは硬くは無い。 纏まりの良さが品の良さに繋がる印象で、非常に飲み易いタイプだ。 地域的にシラーとグルナッシュだろうと思うが、セパージュの記載は無い。 少々の時間で、まったりとした艶気が出て、芳醇な味わいを感じ取れる様に為る。 ぐっとマイルドに変転して、淑女然として来る。 中々の貴婦人振りだ。
ボルドーグラスでは無く、ブルゴーニュタイプのグラスを使うのがベターだったと反省の残った美酒。 此れは中々のポテンシャルで、Mさんの目利力の確かさが窺い知れる。