ラーメン凪 炎のつけめん 其の172011/12/06 01:01:00

以前から伺って居た様に西新宿の「炎のつけ麺」がリニューアル。 麺の値下げと摘みメニューの充実が図られた。 以前の naginicai 風に戻ったとも西尾さんに伺って、其の初日に伺った。 直前に西尾さんに訪問を伝えたのが失敗?で、見事に逃げられて仕舞った(笑)。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の17-1
其処で、葉山さんを煩わせて選んだワインが此。 ファルネーゼのエンブレムで直ぐに決めたスタンダードボトル。 サンジョヴェーゼが柔らかくフルーティな1本。 1000円未満のファルネーゼで、一番格下のボトルだが、御値段以上の味わい。 毎度乍、此処の酒屋さんは中々の目利さんだと思う。 渋谷のワインも此処に御願いすると良いんじゃないかな。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の17-2
御通しは、麺体を「炎」らしくやや辛いソースに絡めた一品。 ワインには少し難しいが、旨く工夫されて居る。

新しいメニューから御願いしたのは、ソーセージとパテ。
ラーメン凪 炎のつけめん 其の17-3
3種類4本のソーセージに辛子を付けて、熱々プリプリで頂く。 小生はこの手のソーセージが大好物だ。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の17-4
粗挽のパテも御願いしたのだが、ミートの味わいが確りして居て、此もファルネーゼに良く合う。 厚くスライスして有るのも好きだなぁ。 両方ともマスタードだとベターだと思うが、コストや好みの問題も有るだろうな。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の17-5
最後に御願いしたのは、つけ麺…では無くて、肉じゃが。 大きな馬鈴薯とたっぷりの人参。 こう云う時でも無いと人参を喰べないお子ちゃまなので、一生懸命に頂きました。 整った味わいの一皿で、naginicai で、肉じゃがが頂けるのは嬉しい。 日本酒も良いだろうけど。

ラーメン凪 炎のつけめん 其の17-6
此方の常連のMさんにも久し振りに御目に掛かれたし、特製のラタトゥイユも頂けたのはラッキーだった。 結局、麺無しで出て来て仕舞ったが、naginicai の復活は、実に嬉しい。 矢張、メニューが変わった渋谷にも伺わないといけないね。

燦燦斗@東十条 其の1412011/12/06 23:23:00

寒く為ると益々燦燦斗が恋しく為る。この週末には御所様と待ち合わせをして居るにも拘わらず、来て仕舞った。

燦燦斗@東十条 其の141
この日もラーメンを御願いする。 濃厚な味わいなのに飽きが来ない一杯。 何時もの様に白胡椒を少々振って、太麺を葱や貝割に絡めて頂く。 豚骨醤油のカテゴリーで2位の実力は伊達じゃない。 この味わいを頂きたくて足を延ばすのだ。 ローストポークの味わいも嬉しいし、何時もの通り「何も云う事は無い」のジュリーに同意。