西尾中華そば 其の2372011/12/03 01:01:00

この夜に伺わないと、「けんけんそば」をミスって仕舞う。
西尾中華そば 其の237-1
未だ大丈夫と思って居る内に最終週に為って仕舞った。 で、確実に頂ける様にと、連日のシャッタータイミングでクリスマスムードの霜降詣。 おや、西尾さんの声は矢鱈とハスキーだ。 屹度、香港で御乱行が過ぎたので有ろう。

西尾中華そば 其の237-2
「雉な一杯」の見掛けは、シンプル。 少しスープの色合がベージュ系にシフトして、薄い焦げ茶色に見えるかな…と云う位だが、勿論、チャーシューが違うし、テイストは別物だ。 チャーシューは、雉の胸肉(手前)と腿肉。 此が独特の歯応えと味わいでイケる。 スープも濃厚な味わいが相当なインパクトを以て伝わって来る。 鶏とは随分と印象が違うが、鳩程では無い適度なジビエ風の癖が美味い。 乗って居るのは、舞茸。 「けんけんそば」は、この週で終了だが、スープのテイストも熟成が進んで、今がベストとの事。 このタイミングで良かったのだ。 スッキリさせ過ぎて居ない印象が、亦魅力に為って居ると云った感じだろうか。 マサ配合麺とのコンビネーションもバッチリで、此は佳い作品だ。 確りスープも完飲。 御正月には雉の塩バージョンも予定されて居るのだが、「遣らない鴨」と仰る。 塩よりも醤油の方が合うらしいケン。 行列も生じ始めたので、喉を患わせない様に失礼して、この年最初の忘年会に向かう。