西尾中華そば 其の2182011/08/02 21:08:50

偶には少しゆっくりとオフィスに行こうかと、ロックンロールワンからの帰り道、翌日の通勤快速のチケットを購入した。 処が朝起きて見ると、深夜の地震で快速電車は運休との情報が… で、何時もの時刻に止む無く家を出ると、普通電車も間引き運転… うむぅ、世の中こんなモンだ。
そんなサエない始まりの日、午前中に西尾さんからメール。 「今夜、御所様がNCSへ来られます」との事。 未だ禁酒期間中と云う事も有り、ノン・アルコールでは御所様の御不興を買いそうなので、次に御眼に掛かるのは、当初の予定通り、人間ドックの後と云う事に… で、この日は露払を兼ねて?御昼に霜降に伺った。

西尾中華そば 其の218-1
この週の「冷や冷やシリーズ」は、「地鶏と鰮煮干の冷や冷や ~山葵の香り ~」。 開店10分前に到着すると、御待ちの方が御一人。 西尾さんが直ぐに暖簾を掛けて下さった。 花の季さんの小麦ヌーボーが未だ有るとの事で、有り難く其れで拵えて頂いた。 先週の冷やし中華を別な酢で造った作品も出来ると云う事だったのだが、この週はもう来られないスケジュール状況なので、この作品を頂く事にした。 作品名に「煮干」の文字が有る(だから、御所様も来られるのかな?)が、煮干は軽く香る程度に抑えられて居る様だ。

西尾中華そば 其の218-2
この作品も煮干の出汁を敷いた上に麺を乗せ、具を重ねると云うスタイル。 そして、別に漬汁が用意されると云うパターンに為る。 小麦ヌーボーには、千切のレタス、少し甘い味付けの為された牛肉が重なる。 更に其の上の緑色は、クレソンのソースだ。 此れは珍しいかも。 サイドにはミニトマトも配しらわれて居り、野菜のサッパリ感と牛肉の味わいのマッチングが巧妙。 更に最後にパラパラと振り掛けた「実」は、「原小麦」だそうだ。 此れは前の週に花の季さんが、NCSに来られた時の御土産だそうだ。 軽くフライパンで炒めた様だが、固目のカリポリした喰感が楽しい。 胡瓜の上には山葵が乗って、作品のスタイルがコンプリートする。 出汁に軽く浸った小麦ヌーボーは、殊更美味。 前述の具を絡めても良し、山葵だけでシンプルに頂いても良し。 いや、漬汁が無くても充分に頂けて仕舞う。

西尾中華そば 其の218-3
其れでも比較的濃い醤油のテイストをベースにして、鶏のニュアンスを加えた漬汁に浸すと、前述の出汁と漬汁が相俟って、漬汁のレゾンデートルがはっきりする。 うむ、巧みなコンビネイションだ。 最後に丼に残った出汁を漬汁に流し込んで、グイと飲み干した。 やっぱり、西尾さんの作品は半端無く美味しい。 当初の予定よりも、50円アップも未だ未だ、リーズナブル過ぎる(って、可笑しな表現)!

コメント

トラックバック