らーめん美学屋@木場 9回目2011/07/11 21:03:44

う~む、アスファルトやコンクリートの路面からの照り返しと強烈な陽射しで、オーブンで焼かれて居る気分だ。 そんな昼休みに向かったのは、美学屋さん。

らーめん美学屋@木場 9回目-1

らーめん美学屋@木場 9回目-2
フォトはS001で撮ったのだが、スープのピントが…あれぇ??
御願いしたのは塩つけ麺。 少しボリュームが少ないのは承知して居るのだが、敢えて中盛では無く、200gで我慢して置く。 此処も「○心厨房」と同じく、「醤油も美味いが、塩がイチオシ」ってスタンスで営業されて居る。 この日頂いた塩ベースのスープも、魚介は香るが、嫌味は無く、スッキリと濃い見たいな、小生の好みのテイスト。 この大人しそうで、確り効かせた塩と云うカテゴリの味わいは、特に夏に頂きたいスープに適して居る。 複雑な味わいを然り気無く提饗して居るって印象は、好きなスタンスだ。 麺はモチモチ加減を適当に抑えた加水率の高い麺。 以前よりも直喰して風合を強く感じる様に思えるのは気の所為? スープに浮かぶ菠薐草と、沈んで居るメンマと角切チャーシュウを探し乍、麺を啜るのも良い感じで、夏は此処って御客様で店内は溢れて居る。 トナリのタンメンも良いが、涼しく為る迄は此方がベターだ。
其れに色々御意見も有ろうが、店内が涼しいのはやっぱり有り難い物だ。