今日のめじろ 其の5972011/07/06 01:01:00

この週も火曜日の夜にめじろ代々木本店に向かう。 この週もこのタイミングでしか伺えないスケジュール。 祐貴社長は御疲れの様子で、西尾さんや芳実オーナーにしてもそうだが、ラーメンの仕事は大変なのだと再認識した。 特に気温が高い季節、更に節電を求められれば、バイアスが掛かる。

今日のめじろ 其の597-1
気楽な小生は涼しいカウンターで、ビール。 何やら申し訳無い感じだ。

今日のめじろ 其の597-2
祐貴社長が冷やしサワーで使う、レアチャーシュウを振る舞って下さったが、この塩加減と旨味のマッチングがとても好みだ。 ポワブルロゼ迄乗せて、奇麗に飾って下さった。

今日のめじろ 其の597-3
「壱岐っ娘」に切り替えて調子良く飲み始めると、仕事を終えた力丸店長が、久し振りに隣で軽い一杯を付き合って呉れた。 早くも酔払った小生の御喋りに付き合わせて仕舞い、迷惑を掛けた。 最近、アルコールが入った小生は御喋りが過ぎる様に思える。 毎回、反省するのだが、どうもアルコール耐性が低下して居る見たいだ。 歳かな… 酔払感が少ないのに、実は可成…って事が最近は良く起きる。 先日は鮨屋さんの床に顔から落ちた(未だ歯に違和感が…)し、この夜は、あんなに気を付けて居た(必ずリストストラップを使う)のに、鞄に仕舞う時に E-PL1 を落とすし…(幸い、角から着地したので、ボディに少々の傷が付いただけで、機能に問題はなさそうだが、精密検査するかな) 酒場(何処の事だよ)での、フォトテイクは考えないといかんな…

今日のめじろ 其の597-4
夏場の調理で大変なひとつが、焦がし葱だそうだ。 小生は大好きなのだが、めじろでは「特上ら~めん」に使って居るので、トッピング迄に廻らない。 特上が売れるのは結構なのだが… で、少々無理を御願いして、焦がし葱増しで醤油ら~めんを造って頂いた。 貴重な焦がし葱だ、香ばしさを楽しんで頂いた。 勿論、醤油スープのテイストは、ジェントルで凛々しいめじろの、祐貴社長の物だ。 この味をずっと此処で守って来たのだ。 変わらない物は無いとか、変わらない為に変わるのだとか、禅問答も少なくないが、小生はこの味を喰べ続けたいと思う。 一方で、若い造り手の方が、新しい味に、自分の味にチャレンジして行く作品も亦、頂きたいと願う。 究極の我が儘だねぇ。 そんな思いを馳せ乍、頂いて居たら、胸が熱く為って来て仕舞ったな。

コメント

トラックバック