今日の渦 其の3862011/07/03 10:55:58

7月から渦の営業時間が変わり、夜の営業時間帯が1時間前にシフトした。 18時開店で23時に閉まるので、ラストオーダーは22時だ。 宵っ張りでは無い小生には有り難い変更。 イヤイヤ、日付が変わってからもグタグタと御迷惑を掛けた事も数知れず、でした(汗)。 一番我儘を云って居るのが、渦だからなぁ… この変更が発表に為った時から、否、「そんな事を考えて居ます」と最初に芳実オーナーから伺った時点で、決めて居た。 「初日の夜はSPを獲る」、と。 どんだけ気合いを入れてんだか(笑)…
でも、そんな日に限って、夕方に断れない会議が… 更に小田急が遅れて、17時57分に本鵠沼の駅に降り立つ。 諦めて居たのだが、流石にそんな酔狂な奴は小生だけの様で、目出度くSPをゲット(笑)し、奥のカウンターから1枚撮った。
今日の渦 其の386-1
未だゞ、外の明るさが扉の硝子越しに見える。

19時迄の間に数組の御客様が見えるが、何方も開店時刻が1時間早く為った事は意識されて居ない様に見えた。 「開いて居たので、入った」って、感じの方ばかりだ。 この時間帯の御客様の回転は良く、営業的には合理的に思える。

今日の渦 其の386-2
夏の宵ならビールは欠かせない。 この夜は飲むぞ(って、毎晩じゃん)の気分でもスタートは此れ。

今日の渦 其の386-3
この豪勢な一皿に注目。 鶏チャーシュウ! 鶏肉が好きな小生には嬉しい。 芳実オーナーのチャーシュウは何れも逸品揃いだが、鶏も亦、美味、且つヘルシー。 粗引の黒胡椒を落して頂くと至福。

今日の渦 其の386-4
嬉しい事に芳実オーナーが、1本用意して待って居て下さった。 オー・メドックのクリュ・ブルジョワ、ソシアンド・マレのセカンド。 蜻蛉(とんぼ)のワインだね。 (日本流に云うなら、河蜻蛉に思える) ソシアンド・マレの評価は高くて、「XX級にランクされるべきだ」の紹介が引用されるが、ま、そう云う「売り文句」は世に多い。 だが、セカンドとは云え、流石にこの造り手は違う。 一口で美味さが知れると云うのは、このクラスでは久し振りだ。 柔らかいタッチ乍、力強い。 そして、フルボディ乍、軽やかさも感じられる。 此れは良いね。 ロックスオフに御願いして、半ダースも入れて貰おうかしらん。 カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが半分づつと、バックエチケットに書かれて居るので、以前のヴィンテージとはセパージュを変えた見たいだ。

今日の渦 其の386-5
初めての抜栓。
世の中には悪い奴が居る。 未だ他の御客様が来られて居ないのを良い事に、100倍の値段のワインだと偽って、スタッフのU君にソムリエナイフを渡す。 「開けて下さい…」。 芳実オーナーも透かさず、「コルク栓の破片が落ちたりすると、飲めない」等と適切なフォロー(笑)… で、可哀想に本当に額に汗して…「開いたぁっ!」。 うん、上手に開けて呉れました(爆)。 御免なさい。

今日の渦 其の386-6
大人の玉子サラダ。 この夜は常連さんとシェアするので、「大」を御願いした。 確かに大人の味付け。 一寸したアレンジで、サラダが恰好のワインの友に為る。 芳実オーナーは、この辺りを良~く心得て居る。

今日の渦 其の386-7
19時前に到着した唯一の常連さんと、もう1本。 今度は何時ものエル・マセット。 此方は、トリートして頂いた。 御馳走様です。
で、22時に早まったラストオーダーを前にして、もう御腹には麺は無理… 「僕の麺は喰べて貰えない」と芳実オーナーは思って居るだろうけれど、炎のつけ麺でも、Bさんの最後のつけ麺も喰べなかった不義理者だし… アルコールを沢山頂く御店では、主麺をスキップして仕舞う事が多いなぁ。 再び、御免なさい。 でも、営業時間帯を早めた初日を堪能して、満足至極。

今日の渦 其の3872011/07/03 13:23:30

前夜は主麺をスキップして帰って仕舞った渦。 翌日は奥さんへの大サービスデー。 買物途中で渦近くの駐車場に滑り込んだのは、もう13時を相当廻ったタイミング。 3人のファミリーに続いて行列。 日陰なのが救いだ。

今日の渦 其の387-1
奥さんは、最高値の「味噌炙りチャーシュー麺」。 奥さんがチャーシュー麺を頼む事は極めて珍しい。 横から摘まんで見たが、渦独特の味噌の味は、適度に辛味が有って、何処かに仄かな甘味が有って、そして芳醇な印象。 小生は余り味噌を御願いしないが、相変わらずの味わいが維持されて居り、安心、安定のテイストだ。 蘖を加える様に為って、何れ位経ったろうか? 小生はこの味噌の味わいに蘖が加わるのは、好きな組み合わせだ。 チャーシューは全て奥さんの御腹に収まった。 本当に珍しい程の肉の喰べっぷりだ。 確かにこの味噌スープの味が移ったチャーシューは殊の外、美味だからねぇ。

今日の渦 其の387-2
この日の限定が此れ。 先日の夜も頂いた「鶏と魚介のシンプルなつけ麺」。 タイトルの「夏麺」のアイデアも良いが、夏の文字が素敵だ。 シンプルを謳うが、どうしてどうして、簡単とか単純とか云う味わいではなくて、夏向きにスッキリ仕上げたと云う意図だろう。

今日の渦 其の387-3

今日の渦 其の387-4
御隣の中年御夫妻の御主人が、このつけ麺を召し上がって、「此れ、箆棒(べらぼう)に美味いな…」と感嘆されて居らしたが、もっと大きな声で仰って頂ければと(笑)。 そう、此れも非日常的(箆棒はそう云う意味だ)な美味さの作品だ。 漬汁の醤油感と煮干のニュアンスとのマッチングが見事。 そして、味わいの濃度… 細い尾根に立った様な絶妙の閾値を感じる。 バランスが良いと云う表現では飽足らない。 然り気無く散らした斜(はす)にスライスした長葱。 見た目にも涼やかだが、熱々のスープに上手く清涼感を加えて居る。 麺には柚子胡椒が添えられて居るが、此れは漬汁に溶かしては駄目で、麺に塗してから漬汁に浸す。 日本蕎麦の様に余りに麺の先だけを浸すのでは無くて、そこそこたっぷりと漬汁を含ませるのが良いかも知れない。 其の為の太麺で有り、小麦粉の風味なのだ。 前夜に頂いた鶏チャーシューが1枚。 一寸、迷って漬汁に浸して見た。 風雅な気分だが、単品で頂くなら前夜の黒胡椒がより好みだ。

御隣の男性の独り言で思い出したが、過日、御隣に座ったカップルの御嬢さんが、ボーイフレンドに耳打。 「ねっ、スンゴイイケメンじゃない?」 彼は何と答えたんだっけな(笑)? 少し齢を重ね始めた芳実オーナーだが、御結婚を機に此方も磨きが掛った様に小生も思うね。 まぁ、直ぐに鼻高に為ったり、鼻下が伸びるから、本人には内緒にして置くが…