○心厨房@東陽町 9回目2011/04/28 01:01:00

朝夕のJRの混雑具合が震災の前の状況に近付き、思わぬ震災に依る影響が有った小生の仕事も少しは落ち着きつつ有る。 そんな状況で連休前にもオフィスに向かう時刻を以前のタイミングに戻そう(と云っても3,4番電車だが)…等と思い乍、初電に乗るべく駅に到着。 だが、夜間工事の遅れで、初電は45分も遅れ、3番電車とほぼ同じ時刻に為って仕舞った。 未だ寒いホームで長時間待ちたくは無かったので、賢く?立ち廻ったのだが、初電から立ちんぼは嫌だろうな…と、御同輩諸兄に同情。 其れにしても、当初は、「夜間工事の遅れ」と云って置き乍、途中からは「線路点検」と云い変える辺りが、潔くないJR。

○心厨房@東陽町 9回目-1
御近所の菫にも笑われると云う物だ。

そんな日の昼休み、向かった先は「○心厨房」。 丁度、混雑のタイミングでは有ったが、6名の方が御待ちで、後客は10名以上。 まぁ、良いタイミングだったと云って良いだろう。

○心厨房@東陽町 9回目-2

○心厨房@東陽町 9回目-3
事前注文の御兄さんに問うと、「大丈夫です」との事で、限定20喰の「塩つけ麺」を御願いする。 手書きの看板にも「塩」と書かれて居る様に、この御店は塩がイチオシとの事だが、其れは濃厚な塩。 此迄に醤油も塩も頂いたが、確かに塩に分が有りそうだとは思って居た。 この限定の塩つけ麺も初めてと云う訳では無い。 だが、この日頂いた一杯は、ベストだった。 塩のスープを啜った時に濃厚な美味さが何時も以上に際立って居た様に思えた。 そして、極太縮麺の風味が濃厚塩にとても良くマッチして居るし、喰感も相当に良い。 あれ? こんなにイケてたっけ? 檸檬が添えられて居て、「御好みで…」との事だが、タップリ掛けて、先ずは直喰。 この素朴な太麺の風味と喰感に檸檬は良く合う。 少し麺がシナっとするのも良い感じだ。 そして、この檸檬に塗れた麺を濃厚塩スープに落とすと此れが良く合う。 塩に合うのは、梅だけでは無かったのね。 魚介豚骨の雄は、「燦燦斗」だし、御近所の「吉左右」も勿論、美味しい。 だが、このスープは塩ベースの魚介豚骨。 此程に濃く旨味を出すと、醤油も塩も一体的な印象すら持つ。 いや、此処の醤油の作品と塩作品は随分違うと感じて居たのだが… うむ、スープに潜むメンマやカットチャーシュウ、麺に添えられて居る炙りチャーシュウ等の全てが、この濃厚な塩スープに見合った味わいに為って居る。 この日の作品は、中々美味しかった。 流石、限定20喰…ん? 廻りの皆さん、此れ見たいだけどね(笑)。

コメント

トラックバック