今日のワイン 其の5472011/04/23 01:01:00

エニーラ・レゼルヴァ ベッサ・ヴァレー・ワイナリー
ENIRA RESERV 2006 BESSA VALLEY WINERY

今日のワイン 其の547
奥さんと祝日の夜に伺った naginicai での2本目は、シャトー・ラ・モンドット… 嘘、でも同じ御紋章だよね。 実は、此れは勃牙利(ブルガリア)の赤。 ブルガリアのワインは屹度、初めて頂く。 余談だが、ブルガリアのワインの歴史は仏蘭西よりも1700年も古いそうだ。 エチケットには、葡萄の種類が書いて居ない。 と云うか、ナイペルグ伯爵家のエンブレムだけだねぇ。 ステファン・フォン・ナイペルグ伯爵と云えば、上述のボルドーの高価なシャトー・ラ・モンドットを想起するが、伯爵が勃牙利で手掛ける高品質・低価格のボトルが、エニーラと云う事らしい。
液体の色は相当濃いガーネットカラーで、エッジにオレンジ。 ブーケからは、メルローだけは感じるが、後はCS…? ボルドータイプ? (調べて見ると、メルローが73%、シラーが12%で、CSが10%… 後、5%は何ですかね(笑)。) 苺ジャムとクリープ見たいな香りだ。 真逆、ヨーグルト(笑)? 口にすると意外にフレッシュな面持の中に、ブラックベリーとマーマレードと香草の風味が感じられる。 更に、このワインの特徴の紅茶香や、メルローらしい腐葉土が忍び寄って来る。 あ、やっぱり、メルローだ。 尖らない酸味に加えて、タンニンが非常に熟したと云うか…鷹揚としたイメージで、此等がワインのキャラを支えて居るのかも知れない。 アフターも少し濃過ぎるが、引きは充分。

えっと、5000円位して居るんだけど… そんなに支払わなかったけれど、良かったのかしらん。> 夏さん

コメント

トラックバック