西尾中華そば 其の1942011/04/15 01:01:00

一番電車は節電で暖房を切って居るので寒かったのだが、日中は20度を超える陽気と為った。

西尾中華そば 其の194-1
旧染井村の西福寺前の道は、短いが桜並木の穴場。 西尾さんの処へ伺う前に一寸歩いて見た。

鶴と菊の合わせ醤(びしお)の中華そばを頂く心算で伺ったのだが、前夜の限定が未だ1喰だけ残って居ると仰る。 日頃の行いが天に認められた(訳無い)のだろう。 有り難く頂戴する事に。
西尾中華そば 其の194-2
作品名は、「鯵なめ味噌中華」。 20喰だったので、皆さんが諦めた見たいで、「超」が付く方々が開店時刻に突入された後は、2喰残ったとの事。 骨煎餅が払底し、鯵頭で取った出汁では無いので…と、100円引の800円。 如何にも西尾さんらしい、実直さに頬が緩む。 味噌は3月から何かで使おうと寝かせて居た物だそうで、普段の味噌とは違うらしい。 「なめろう」のやや濃いテイストを考慮して、「気持薄目」に仕立てた味噌スープは極めて美味。 寒い時期から頂いて来た、西尾さんの味噌シリーズで培われた味わいが程良く、そして充分なインパクトで遣って来る。
「なめろう」は、西尾さんの十八番のひとつ。 茄子でも造って仕舞うが、元々は魚、其れも漁師料理のひとつだ。 酒や味噌、生姜で整えるので、味噌スープとは元々相性が良い見たいだ。 其れにしても、この「なめろう」には良い味付が施されて居る。 釣鯵でとても良い素材だったと仰るが、素材の良さが活き無くてはどうしようも無い。 前夜よりは少し濃い味に為って居たのかも知れないが、其れは寧ろプラスに働いたろう。 少しの辛味や葱味、生姜味とのマッチングも良くて、う~ん、美味。 刻みチャーシュウは味噌スープに合うし、久留米の中細麺とのコンビネイションも上々だ。 尚、麺は翌日辺りから変更に為る、とか。
「なめろう」は、美味しくて「皿迄舐めた」のが語源だそうだが、丼を舐めたい気分の一杯。 いや、ラッキーにも諦めて居た一杯を頂けて、大満足でした。

コメント

トラックバック