中華永楽@南砂町2011/04/08 01:01:00

とうとう、一番電車でオフィスに向かう迄にエスカレートして仕舞った。 電話やメールに邪魔されない早朝の2時間は、稼ぎ時だ。 前夜迄に朝の会議資料を準備出来れば良いのだが、時差ばかりは如何ともし難い。
で、昼休み迄はたっぷり6時間有る訳だが、暖かく為ったこの日は、隣駅の「とうかんや」迄、散歩気分で足を延ばした。 染井吉野は満開で、既に長実雛罌粟も沢山花を付けて居る。 黄色、白、ピンクの酢漿草(カタバミ)の競演や菜の花、フリージアが春酣を演出する。 躑躅も咲き始め、春から一気に初夏へ駆け上がって行く様子が見て取れる。
中華永楽@南砂町-1
フォトは春の定番、菜の花と諸葛菜。

処が、辿り着いた「とうかんや」には、「御店主が御病気で暫く御休み」の貼紙が… 確か以前伺った際に、「遠くから来られる方は臨休に備えて、事前に電話をする様に」と云うメッセージが有ったっけ。 其れを履行しなかった小生がいけないのね…

中華永楽@南砂町-2
扨、もう他の店に行く時間は無いので、辺りを見回す。 真新しい外幌の中華料理屋さんを発見。 店は相当に古そうだが、幌だけを架け替えて居る最中の様だ。 で、其処へ… 御願いしたのは、前客さんに釣られて、「もやしそば」。 野菜と蘖が餡掛けに為った一杯は、久し振りのルックス。 テイストと共に、高校の正門前に有った中華屋さんの「ハルピン」を思い出した。 凄く熱くて、あ、口の中を火傷したなぁ。 テイストは、如何にも有り勝ちな中華屋さんテイストだが、やや甘しょっぱい醤油味と餡掛蘖がノスタルジックで、味以前に懐かしい。 其れでも、超柔らかい平打のヘロヘロ麺には、一寸参ったなぁ。
今度、「とうかんや」に伺う時は、電話してからにしようっと。

コメント

トラックバック