撮って見た 其の18 (円覚寺)2011/03/15 01:01:00

最早、神仏にも縋りたい状況の日本。
東北関東大震災の発生前に詣でたのだが、天変地異の祈祷迄はしなかったのが悔やまれる。

この総門で判る方が多い程、鎌倉で最も有名な御寺のひとつ。
撮って見た 其の18 (円覚寺)-01
「えんがくじ」と「覚」の音が濁る。
このフォトは広角で撮った後、「歪を修正する」と云うより、窄まった上部を少々左右に開くと云う大胆な修正を加えて居る。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-02
馬酔木。
夕陽に映えて、一寸、エキセントリックなカラーで撮れた。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-03
黄梅院の満作。
風変わりな花を愛でる方も多い様だが、小生は一寸…かも。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-04
とは云え、もうワンショット。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-05
木瓜。 何時もの様に暈味を演出。
丹念に暈けた背景をダークに落した。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-06
御気に入りの1枚。 美しい髄菜の葉っぱ。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-07
幻想的に撮った、三椏。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-08
白玉椿。
余り良い絵面に為らなかったね。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-09
翡翠(かわせみ)の番い。
「確っり、魚を取って来るのよ!」 あ~吾身が重なる。
良いタイミングにシャッターが落ちて呉れた。 シャッター速度は1/500秒なんだけど…此れだけ明るければ、1/2000にすべきだったな。 奇麗な鳥だが、戦闘機の様に写った。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-10
松の木に宿木の様に生えた万両。 実が此処に落ちて、芽吹いたのだろうか?
勿論、この万両以外を暗くレタッチ。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-11
三門の裏に其程、手入の行き届いて居ない部分も有る庭を1枚。
なんて事無い1枚だが、好きなフォト。 白梅とユリオプスデージー。

撮って見た 其の18 (円覚寺)-12
折角なので、ビューティな梅も1枚。

コメント

トラックバック