月島ロック@月島2011/01/22 01:01:00

思い立つのが、何時も定休日の月曜日だったので、中々伺えなかった「月島ロック」。 オフィスからもそう遠くは無い。 この日は乱れたダイヤが寧ろ幸いして、15分程で到着。 地下鉄大江戸線の月島駅から1分の場所は、直ぐに判った。 夜はバー営業と云う店内は洒落て居るが、吉野家の様な真ん中にサービススペースの有る対面カウンターは、顔を見合わせると一寸恥ずかしいかも。 奥の席からはガラス張りの厨房が良く見える。 若い方が調理をされ、ホール担当のスタッフは女性だ。 前客5で後客4と云う状況で、意外に空いて居る印象。 町田の本店?に伺った事は無いが、大変な人気と伺って居たので、此方も行列かと思って仕舞った。 二種類の醤油ラーメンの内、魚介の弱そうなノーマルテイストの店名を冠した作品を御願いする。(850円也) (カレーや御飯物もメニューに載って居る)

月島ロック@月島
フォトはS001で撮った。
直径が短く、深さの有る丼で提饗された醤油ラーメンは、トラディショナルな味わいに思えるが、屹度、色々な細工を施して、そう思わせて居るのだろう。 真性醤油テイストに豚と生姜の香りは、小生の好みのテイストだ。 ややライトにも見えるクリアなスープの味わいは、薄味でも無く、勿論、濃くも無い。 巧く閾値を捉えて居るように思う。 細かい薬味葱とスライスされた白葱が配らわれて居るが、スープの醤油味にマッチした葱だ。 長~い穂先メンマが乗せられて居るが、小生は穂先メンマが大好きなので、此れでポイントが高まる(笑)。 チャーシュウは大振に見えるが、此れは丼の所為。 味わいは多少押さえた感を禁じ得ない物だが、濃い味にして仕舞うとスープとのバランスが悪く為るからなぁ… 麺は断面が矩形の細麺。 小麦粉の風味は有るが、比較的特徴の薄いタイプで、スープの邪魔はしない物の何だか物足りなさを感じて仕舞う。 もう少し、固茹にして頂くとベターかも知れない。 このスープには、郷愁を感じる旨味が有り、結局、蓮華で掬って完飲。 丼を持ち上げて…と云う形状の丼では無いよねぇ。 町田の御店にも是非伺いたいと思わされた一杯だった。 いや、近い内に屹度…

コメント

トラックバック