今日の渦 其の3502010/11/21 09:58:56

翌週に塩山近辺のワイナリーを訪ねるツァーが有る。 思いの外、多くの方々に参加して頂ける事に為り、今回も渦常連のTさんに御手数を掛けて居る。 コーディネイトを御願いしたロックスオフで、そんな打ち合わせを少々。 で、2本。 此れは即、渦で飲む気満々と云う事で。 本鵠沼到着は20時30分だが、最近の小生は行いが良い(訳無い)と見えて、カウンターの真ん中に陣取る事が出来た。 もう、年末ジャンボは当たらないだろうな。

今日の渦 其の350-1
此れで渦は3連荘。 そんな事は久し振りだが、最初はやっぱりビール。 幸せ/可愛さ満載のR子ちゃんに注いで頂くと格別な物だね。

今日の渦 其の350-2
前夜に続いて、燻製3種盛。 チャーシュウは、前夜も美味しく頂いた鶏チャーシュウ。 此れは美味だのぉ… で、持参したワインを抜栓。 そして、チャーシュウの3種盛も… 豚の呪いが怖いが、美味さの誘惑には勝てない。 流石にこの夜は常連さんは少ないだろうと「覚悟」をして伺ったのだが、Sさん、Hさんに話し相手に為って頂いて、嬉しくて(と云うか予定通り)2本とも飲んで仕舞った。 Sさんの建築逸話は面白い。 小生は自他共に認める「左党」だが、大工さんは呑助さんが多かったんだろうねぇ。

今日の渦 其の350-3
最初は、ロマーニャ州のテヌータ・ラ・パラッツァのカベルネ・ソーヴィニヨンのヴァライエタル。 久し振りの「おぉ、タニック!」、そして濃いねぇ。 開くのに時間が掛かる男のワインで遊んで見ました。 もう1本は御馴染、ナパのダックホーン、デコイ。 此方はメルロー。 1本目が或る意味凄かったので、此方はナパ・メルロの品の良さと御日様の御蔭の凝縮感をゆったり楽しめる。 飲む順番が逆? いえいえ、そんな事は有りません。 逆だったら、「ZARU」を頂かないで帰ったでしょう。

今日の渦 其の350-4
と云う訳で、ラスト・オーダーで慌てて此れを御願いしたのは、直喰で頂く心算だったからだ。 勿論、和風漬汁の美味さは充分に承知して居るのだが、ヘヴィ級2本の後なので、麺味のみで〆たくて…(芳実オーナー、ゴメンネ) で、薬味の葱を振って、山葵と桃色岩塩でワシワシ喰べるのを、Hさんが呆れて見て居らしたなぁ。 でも、こうして頂くZARUの細麺は、凄~く美味なのだ。 ワインの後で中華麺の直喰! 「此れに尽きる」は、云い過ぎかな。
この夜も小田急線の最終の上りで… あ、あれ、週末ダイヤだとJRも最終電車待ちに為って仕舞うのね。 冬の高度と光度に為ったフルムーン間近のルナ姫が笑う。

今日の渦 其の350-5
フォトは、ホグワーツに懸かる魔法月見たいに撮れた。 ぶ、豚の呪いか…

コメント

トラックバック