F1 2010年 ブラジルGP 決勝2010/11/08 04:04:00

ポイントリーダーをフェルナンドに奪われたとは云え、ドライだろうとウェットだろうと、RB6の優位は動かない。 特にドライでのアドバンテージには、全員白旗状態。 だが、インテルラゴスの雨を掌(つかさど)る女神は、イケメン(ヤンチャ、生意気の評も沢山)の独逸のルーキー、「もうひとりのニコ」に肩入れをした。 いや、ラッキネスだけでは無く、実力を充分に発揮して、インターミディエイトからオプションに履き替えると云う困難なQ3を制した。 クオリファイの後、レッドブルのふたりに挟まれたインタビューを受けるニコ・ヒュルケンベルグは含羞(はにか)み乍も誇らしげで有った。 扨、フェルナンドはルイスに遅れて5番手。 未だ有利とは云え、ポディウムに乗ると云う目標を達成出来るか? 尚、続くのはルーベンスなので、ウィリアムズの大健闘。

ファイナルの空は快晴。 ニコラス(ニコ・ロズベルグと識別したいので、本名で)の走りに期待したい。 だが、矢張と云っても良いかも知れないが、1コーナーでセバスチャンに遅れを取り、更にリヤが乱れた隙にマークにも交わされて仕舞う。 PP初体験だからなぁ… トップに立った途端にセバスチャンは駆っ飛んで行く。 フェルナンドがルイスを交わそうと慎重に仕掛け、2周目にはルイスのミスに乗じて簡単に前に出る。 3位に為りたいフェルナンドは、矢張、リスクを最小限にニコラスを追う。 7周目に漸く前に。 しかし、ニコラスが蓋に為って居る間にセバスチャンは既に11秒先だ。 チームからは既に、「其のポジションで良い」と云う意図が示される。
一方、ルイスはラジオに「 No grip! 」と訴え、ニコラスを交わせない。 「遣れるだけ遣って、抜け」と檄を飛ばされるが、チームはジェンソンをプライムに履き替えさせて、ルイスの参考にする?。 フェリペも同じく、フェルナンドの為にプライムを試す。 右フロントタイヤが緩い?のか、翌周再度のPI で、ポジションを大幅に落とす。 ルイスは相変わらずグリップの無さを訴えるが、其の割にタイムは悪く無い。 エンジニアは、「出来るだけ頑張れ」、とやっぱり情(つれ)無い。 21周目に漸くPI して、ジェンソンの丁度前に戻る。 フェルナンドは、この段階ではレッドブル2台との10秒程のギャップを積極的には詰めようとして居ない。 セバスチャンがマークの前なら、其れでもOKなのだろう。 ピットからのラジオも「我々のペースで」との事。 25周目に後ろのニコとの差を考えて、PI 。 フェルナンドも少し焦った見たいで、出口のピットロードで滑って見せたが、余裕でポジションをキープして、3位確定のディフェンシブな戦略に終始。 ピットが「セバスチャンがトップ」と伝えると、「追い付けるペースか?」とフェルナンドが問う。 一方、セバスチャンへのラジオ、「 Are your tires OK? 」、「 Fantastic, ...」、「 Understood, Thank you. 」 どんだけ余裕有るんだい。 タイヤも気持ちも… で、フェルナンドに続いて、PI 。 マークも翌周にプライムに交換。 レッドブルは余裕タップリのピット作業。 50周を前にして、マークがセバスチャンとのギャップを狭めて行く。 51周目、フェルナンドの目の前で、ヴィタントニオのクラッシュでSC。 亦、チャンピオンを争う5人がトップ5に並ぶ。 SCが戻ると、セバスチャンは14秒台のファステストで飛ばし、マークはもう付いて行けない。 フェルナンドも13秒台のファステストを出すので、マークは逆に迫られる始末。 お、ルイスも後方でファステスト… で、このオーダーでチェッカー。 フェルナンドとセバスチャンは、狙った通りの結果で、最終戦、アブダビへ。
尚、レッドブルは、此れでコンストラクターズチャンピオンを確定。

F1 2010年 ブラジルGP 決勝

コメント

トラックバック