naginicai 夜 其の92010/11/03 01:01:00

江東区のオフィスから新宿に向かう時には、飯田橋でJRに乗り換える事が多い。 JRのホームで小生に手を振るのは、Dさん。 「あら、naginicai に行く処なんですよ」。 Dさん曰く、「僕は3階で集まりが有るんです」。 偶然会っただけで無く、行く先も一緒なんて… 其の集まりは、FILE さんやフリーク諸兄が集合されて賑やかだ。

naginicai 夜 其の9-1

我々はビールと御通を頂いて、「酔わない内に…」と真面目な話し合い。 この夜はふたりだったのだが、夏さんがテーブルへ通して呉れた。 広げる資料が有ったので、此れは有り難かった。 で、3階が崩れて来るのでは無いかと案じ乍(笑)の打ち合わせ。 打ち合わせのメインパートを終えた処で、赤ワインと摘みを御願いする。

naginicai 夜 其の9-2

ワインは伊太利亜はプーリア州の葡萄、プリミティーヴォのバラエタル。 豪く長くて黒いコルクで栓をされたボトルに封じ込められて居たワインは、熟成感の高いフルボディ。 中々骨格の確りしたワインで… 幾らだろうと下種の勘繰り。

naginicai 夜 其の9-3

先週、御結婚をされた(Viva! Congratulations!!)と仰るBさんが、爆弾ハンバーグを煮込で造って下さった。 柔らかくて、ジュシーで…そして、チョビ辛で美味しい。 良かった、新婚ハンバーグで甘かったらどうしようと思って居た(笑)。 naginicai のレーズンバターは、この香ばしいと云うか、ヘヴィな味わいのレーズンが、バター風味に溶け込んで美味しい。 もう一皿、鶏の…鶏の…何だったっけ? でも、此れ滅茶苦茶美味しいんだけど… 濃いタレと柔らかい鶏肉と皮が最高。 次回も忘れずに頼もうっと。
この夜は少喰のパートナーだったので、此れで引き上げる。 長居したのに単価が低くて、スミマセン… でも、打ち合わせにも使える naginicai でした。 但し、密談には向かない(笑)かな。

コメント

トラックバック