今日のワイン 其の4842010/10/24 12:22:57

バロン・ドゥ・ラホヤサ グラン・レゼルヴァ
Baron de Lajoyosa GRAN RESERVA 1998

今日のワイン 其の484-1

幸亭で花火の後に抜栓した4本目は西班牙(スペイン)のワイン。 御主人の差し入れは、彼の国に有り勝ちな金糸でボトルが飾られて居る。 一寸、見忘れる事は無いだろうと云うエチケットのボトルのヴィンテージは98年。 良い年だった筈だ。 セパージュは、50%がガルナッチャ、テンプラニーニョとカリニェーナが30%づつ…って、計算合わないんですけど(笑)。 流石は鷹揚な御国柄だ。

今日のワイン 其の484-2

黒光りするように鮮やかな紅色でエッジが少し黄色い様に見える。 先の2本とは全く違うキャラで、同じ「ワイン」で括るのが、難しい程だ。 レーズンやバニラに加えてベリーと云うには甘過ぎる濃厚芳醇なブーケが、背景を揺らめかせ乍立ち上って来る。 おぅおぅ、只物じゃないな…此れ。 先の2本とは違って、抜栓する前から御目覚めだった様なパワフルなタッチとテイストだ。 そう重くは無い、寧ろフルボディにはカテゴライズされないんじゃないかな。 テイストもブーケとほぼ同じ印象だが、結構、しっとりしたタッチに変遷して行く…スパイスを感じて居ると、甘味が増して来る… ん? ラズベリーっぽい妙な余韻が出始めて… うん?? どんどん疲れて来ちゃって居るのかな??? 間違い無いな…翌日はもう飲めないタイプで、栓を抜いたら1時間位で飲んで仕舞うのが御利口さんの嗜みだ。 此れは不思議なボトルだったなぁ。 本当に先の2本と違い過ぎで、だからワインって面白いのかも。

コメント

トラックバック