今日のワイン 其の4832010/10/24 12:15:11

サヴィニー レ ボーヌ ルージュ VV ルイ・シュニュ
Savigny Vieilles Vignes Louis Chenu Rouge 2006

今日のワイン 其の483

幸亭花火の宴、3本目の赤。 此方もブルゴーニュの女性醸造家の佳作。 キャロリーヌ・シュニュは5代目の当主だが、子育ての真最中と云うから驚かされる。 小さなドメーヌならではなのだろうが、此れから花開く…そんな印象を詰め込んだボトルだった。 どうも造り手のイメージだけでなく、ワイン其物のキャラがアニェス・パケと被って仕舞った様だ。
此方も非常に薄い色をして居る。 濃い目のロゼと云っても信じる人が居るかも知れない(笑)。 此れも新時代のブルゴーニュのピノと申し上げて良いだろう。 ブーケは強くは無いが、レッド・チェリー系だろう。 だが、儚過ぎないだろうか…と、一寸、気にし乍、グラスに口を付ける。 瞬間的に…は、云い過ぎだが、直ぐに判った事が有る。 「御目覚で無い…」 サヴィニーらしい、と云えばそうかも知れないが、素気無さ過ぎでしょう。 で、少し待って見たが、そう簡単には開いて呉れない。 VVに期待の凝縮感だが、重厚さよりも神経質なイメージに繋がって居る。 ヴィンテージからして、フレッシュネスは当然としても、透明感の有るチェリー香が尖がって居るので、実際の液質よりもずっと固く感じて、ミネラル感が台頭して居る。
一寸諦めた気分で、3,40分もテーブルに置いたグラスを再び持ち上げて見た。 確かにややマイルドにシフトして、ラズベリーの仄かな甘さが感じられ、タンニンもそこそこ物語る様には為ったので、バランスが改善された様に思える。 だが、其処迄… このボトルを次に抜栓するなら、2015年を待つのが良さそうだ。 アニェス・パケの後に飲んだので、割り喰った感が有り、可哀想だったボトル。

コメント

トラックバック