今日のワイン 其の4742010/10/17 07:37:15

メゾン ジョセフ・ドルーアン シャブリ ラベイ ブランシュ
JASEPH DROUHIN CHABLIS 2006 L'ABEILLE BLANCHE

今日のワイン 其の474-1

先日、御鮨屋さんのPCトラブルで伺った際、ハードトラブルで余り御役に立てなかったにも拘わらず、頂戴して仕舞った1本を日曜日の夕方に抜栓。 御鮨屋さんのシャブリとして良いセレクションで、見立てた方は中々の目利きかと思われる。 そりゃあ、セシエがベターかも知れないが、鮨を主体に考えるなら、素直な美味さで寧ろ此方を選ぶべきでは無いだろうか。 因みに「ラベイ」は蜜蜂の意味だ。 70年代から80年代に掛けて、オーガニックに転じたジョゼフ・ドルーアンの象徴の様な命名だな。 先にセシエの名前を出して仕舞ったが、ジョゼフ・ドルーアン… まぁ、ワイン好きなら知らない人は少ないだろう。 だが、彼のワインを好きなエキスパートさんでも仰る事が丸で違う事に結構、戸惑う。 或る方は「教科書的なシャブリ本来の味わい」とコメントされ、然る方は「ミネラル豊富な昨今のシャブリのアンチテーゼとして、複雑な味わい」と書かれて居る。 其程にこのシャブリは強(したた)かなのだ。 ジョゼフ・ドルーアンの信条が「フィネスとエレガンス」な事も良く知られて居る。 敢えて日本語にすれば、「繊細と優美」。 うん、確かにそんなキャラの1本だった。

今日のワイン 其の474-2

カラーはシャブリらしい淡い檸檬イエローだが、夕日に輝くと黄金色だ。 立ち上って来るブーケにも檸檬とシトラスがたっぷり。 其れにハーブと…何かフルーツなんだけど? いや、樽香なのかしらん?? 口にすると、シトラスは勿論だが、良い感じの酸味に加わるのは、ライチや青林檎。 勿論、シャブリらしいミネラル感が後半から余韻に向けて膨らんで行く。 本当にこのプライスで、こんなフィールが出せるんだな…
今回は持ち帰って来て仕舞ったが、湘南随一の御鮨を前にして頂きたいシャブリで有る。

コメント

トラックバック