凪@昼_naginicai/西新宿 其の2352010/09/11 01:01:00

朝夕は随分涼しく為った。 湿度が低いので、暑さの質は変わったが、日中は未だ30度を過ぎる気温。 翌日は、最後の?猛暑日と云う予報も有る。 そんな中、新宿のオフィスから日射を避けて、少し遠回りでも地下ルートでA18から、naginicai へ。 珍しく会議が早く終わったので、開店直後の訪問。 急な階段を登りつつ、「こんにちわ~」。 「アレ…れ?」の声は西尾さん。 あらぁ… 3日続けて御目に掛れるなんて、赤い糸だか紐だか、ロープだか…ですね。 打ち合わせの邪魔をせぬように、エアコンの天井降し当たるカウンターで御願いしたのは、ノーマルなつけそば。 前回、並盛で一寸寂しかったので、中盛を御願いした。 此処は、並・中・大と麺量に関わらず、同一の値段。 更地だった御隣にビルの建設が始まり、窓からは其の工事の様子が見える。 其れをボンヤリ眺めて居ると、直ぐにエアコンで涼しく為る。 おぅ、やっぱり一時の暑さとは違うねぇ。

凪@昼_naginicai/西新宿 其の235-1

凪@昼_naginicai/西新宿 其の235-2

naginicai は来る度に作品が、フルモデルチェンジして居る。 この日も麺には、鶏チャーシュウが豪勢に盛られて居る。 其の脇にはジャージャー風の餡。 この位の太さの麺は最近は中太の上くらいなのかも知れないが、喰感が素敵で、茹具合は完璧。 小麦粉の風味も悪く無い。 ジャージャー餡や鶏チャーシュウが添えられて居るので、唐辛子は振らずに直喰。 うん、美味、美味。 一方で、前回よりも煮干を5割アップ?したスープ… う~ん、御免なさい。 小生には今回の弩煮干風味はチト厳しい。 殆どの麺を鶏チャーシュウと餡で直喰して仕舞いました。
打ち合わせを終えられた西尾さんと少しカウンターで御話をして、御客様が増えて来た処で、西尾さんは階下へ試喰に降りて行かれた。 小生もカウンターが一杯に為る前に失礼して来た。

地下鉄の駅で「少女時代」のポスターに見惚れて居た。 最近の少女はセクシーだね。

凪@昼_naginicai/西新宿 其の235-3
Who looks I used to be...?

コメント

トラックバック