今日のめじろ 其の5432010/07/23 23:23:00

珍しく、木曜日の夜に代々木へ向かう。 「金メジ」はこの週も欠席予定なので、欠席届(最近多いな…)提出。

今日のめじろ 其の543-1

断酒明け最初のめじろ。 この暑さでは我慢出来ずにビールを御願いする。 オフィスの面倒臭い要件を頭の中から追い出したくて、「ゆっくりさせて呉れる?」と粘着宣言。 セラーには、コノスルが収まって居るのを覚えて居たが、其の中から気分で選んだのは、メルロー。 折角なので、E-PL1を取り出して、祐貴社長やら、Mちゃんにレンズを向ける。 ソフトフォーカスで、Mちゃんは本人通りに美しく撮れた。 (ファンのUチャン、差し上げましょうか(笑)) だが、何故か社長のポートレートは、?な出来映えだ、カメラの所為では無くて、小生の好み、いや、スキルの問題だろう。 コノスルを注いだグラス撮って見ると、色が奇麗に出た。 こうでなくっちゃ。 少しボトルをボカしても良い感じだ。 そんな感じで遊んで居ると、UチャンやS谷さんが来られる。 御二人も「翌日は来られないから…」と同志だ。

今日のめじろ 其の543-2

あの赤いチャーシュウを御願いしたら、シンプルに装われて登場。 小生の好きなめじろの胡椒を少し振って頂くと、凄く美味しい。 此、良いなぁ! コノスルのメルローは優しいタッチの中に、ちゃんとメルローらしさが有り、このプライスレンジ(ヴァラエタルだから3桁の筈)では評判通りだ。 祐貴社長のセレクションに乾杯。

今日のめじろ 其の543-3

次にコノスルに合わせたのは、鴨焼。 煙が充満するので、一寸申し訳無いのだが、めじろの鴨はやっぱり頂きたい小生の好みの一皿。 この本物風の山葵を塗して頂くと味わいも増すと云う物だ。 結局、コノスルは殆どひとりで空けて仕舞った。

今日のめじろ 其の543-4

〆の一杯を祐貴社長に御願いすると、鮮魚スープの塩ラーメンを出して下さった。 翌日の為の作品だったかも…と有り難く頂戴した。 真鯵と真鯛のダブル出汁だそうだが、出勝ちな魚の青臭さも全く無く、非常にクリアで透明感の高いテイストだ。 其れで居て、魚介の風味は色濃く出て居るので、確りした味わいになって居る。 チャーシュウと白髪葱を乗せただけのシンプルな様相は、何時もの鮮魚ら~めんと同じだ。 この細麺が鮮魚スープに良くマッチして居て、この組合せが良いねぇ。
久し振りに代々木めじろでワインを頂いたら、すっかり御機嫌に為って仕舞った。 何方かに御迷惑を掛けなかったかしらん(汗)? う~ん、翌朝も早いのだが、既に午前様に近い。 遠方居住者は辛いなぁ。

コメント

トラックバック