今日のめじろ 其の5402010/07/07 23:23:00

七夕のこの日は、其れでも比較的涼しい、いや、其れ程暑くは無かった。 七夕に就いては、アレコレやと書いて居るので、もう繰り返さ無いが、小生の好きなイベントでは有る。

今日のめじろ 其の540-1

前日から始まっためじろ本店の限定、「冷やし醤油ら~めん」を頂きに参上。 前日はフリークの麺々が集った様だが、限定5喰(昼・夜)と難度が高い。 其処でこの日は早目に伺って、万全のシフト。 直ぐに満席に為ったが、冷やしを頼まれて居る方は、御見掛けしなかったな。

今日のめじろ 其の540-2

R店長が麺を念入りに締める。 最後に氷水を使う徹底振りだが、この麺は元々の素性が良いので、この徹底した締めが非常に効果的で、このシコシコ感は素晴らしい。 涼しげなガラス製の丼の端には山葵が添えられて居る。 本山葵で無いのは残念だが、麺やスープとの相性は良い。 この作品の場合は、山葵をスープに溶いて仕舞っても良いだろう。 但し、余りスープの変転は感じない。 スープはめじろのアッサリ系で、冷たい分、サッパリ感が増す。 其の反面、多少の飲み足りなさも否めないかも、と云う印象も持った。 麺の上には、白髪葱、胡瓜、若芽に加えて、鳴門と揚玉(「狸中華」だねぇ)が乗って居てスープの和風感を更に高めて居る。 チャーシュウだが、どうも特別仕立に見える。 先日の様に、冷たさで味わいが損なわれる事も無く、美味しく頂けた。 うん、こうじゃないと。 夏の暑さで食欲の無い時にも、サクっと頂ける一杯は、有り難い。

コメント

トラックバック