野郎ラーメン@西川口 初回2010/02/28 08:51:18

もう何店目に為るのだろう? ユウタが立ち上げを請け負う店は。 前島、林の両社長の信頼も篤い様で、実績も着実に、確実に積み上げて来た。 そんなユウタに今回は「店長」の肩書き(此迄は店長を指導するマネージャーと云うポジションで関わって居た)が付いてオープンしたのが、西川口駅前の「野郎ラーメン」。 大ふく屋のオリジナルブランドで、今回は、せたが屋はノータッチの様だ。 其れだけに林社長の力の入れ方も、一入と伺う。 開店日の開店時刻は生憎の雨模様だが、寒くは無い。 頑張って遣って来たのだが、数分の遅刻で、シャッター行列の最後の方が花束で飾られた店内に消えるタイミング。

野郎ラーメン@西川口 初回-1

15,6人が御待ちだった様だが、店内のフルキャパは、其の倍位は有りそうだ。 幸い、カウンターの席がひとつ空いて居たので、其処に落ち着く。 丁度、麺上げをするユウタの目の前だ。 厨房も比較的広いが、初日と有って、ユウタの他に男性スタッフが5名、ホールの女性が3人と処狭し。 そして社長が陣頭指揮。 其れでも初日の開店直後では、オペレーションは未完成。 バタバタして居るのを意地悪く眺めて居た。 (ホント、嫌な奴っす) トッピングやオプションが沢山有るので、余計にややこしいのだが、ユウタも流石に経験がモノを云う様で、中々適切な指示を出して居る。 其れも穏やかに丁寧に、だ。 10歳も20歳も年嵩のスタッフに気を遣い乍も毅然とした様は、八王子の時と同じく、頼もしく、今回は少しだけ賢くも見えた。
生ビールの喰券では有ったが、サッポロの「麦とホップ」のグラスで饗された。 「私にはビールです」とは、云えなかった小生かも… 其のグラスを片手にユウタの奮闘振りを拝見して居ると、此亦、八王子店の開店日以来の、春みかんさんが到着されて、御隣の席に。

野郎ラーメン@西川口 初回-2

小生が御願いしたのは、スタンダードの「野郎ラーメン」。 元々、大ふく屋の各店で、二郎インスパイアの作品として提饗して居たものに更にオリジナリティを施して、メインに据えた。 で、店名も此を名乗る。 マスコットキャラクターのデザインは、流石に首を傾げたくも為るが、趣味の問題かね。 丼の淵ギリギリのスープは、まぁ、当然溢れるので、受皿に乗って居る。 可愛い御姉さんだが、蓮華を前にして置く様に教えた方が良いねぇ(笑)。 野菜タップリだが、量は常識の範囲に収まって居り、ボリューム感は然程では無い。 一方でスープの背油の量が凄い。 丸で豆腐の様な固まりも有る。 此がマイルド感を出す所為かも知れないが、少し大人しい二郎と云う印象だ。 或いはカウンターに置いて有る、「パンチ汁」を加えた方が良い人が多いかも知れない。 背油も然る事乍、大蒜も強い。 喰券を渡す時に、「大蒜、如何致しますか?」と訊いて呉れるので、昼間なら断るのが賢明かも。 この夜の小生はブレスケアと黒烏龍茶で対応。 麺は「ぽっぽっ屋」と良く似た、相当な太縮麺。 小麦粉の風味も充分で、良い麺だ。 チャーシュウはボソッとした喰感だが、悪いと云う訳じゃない。 誤解を恐れずに云うとB級グルメ(「野郎ラーメン」だもん)として、良い作品だと思う。
ユウタが此処で店長を張って居るのも、精々1ヶ月と云う処だろう。 次回は赤い丼の「味噌野郎」を頂こうかしら。 ユウタと林社長に挨拶をして外に出る。 春みかんさんに倣って、看板をフォトテイクして気が付いた。 2階はテレクラ… まだ、そんな店が残って居るのね。 春みかんさんは、東十条の燦燦斗に寄られると仰る。 御一緒したいのは山々だが、もう入りません。 二郎系と燦々斗を連喰するなんて… 電車に乗ったら、蕨…って、酔っても居ないのに逆に乗りましたねぇ(汗)。 赤羽から湘南新宿ラインで帰路に就く。

コメント

トラックバック