今日のめじろ 其の5172010/02/18 01:01:00

此方も1週間程御無沙汰したので、スケジュールを調整して、代々木に顔を出す。
祐貴社長のブログに「塩を喰べて下さい」と書いて有った事にも後押しされて、遣って来た。 R店長が厨房に立ち、祐貴社長が奥に控えて… 夕方でもグラスを傾けて居る筈の会長は…少し遅れて到着するとやっぱり… 洒落た調味料の器と箸入れに為ったが、左の器には辣油が入って居る。

今日のめじろ 其の517-1

今日のめじろ 其の517-2

R店長が「珍しいですね、塩ですか?」と訊かれる。 そりゃあ、社長が彼れだけ強調されれば、喰べない訳には行かないでしょう。 先ずスープの濃度が増して、穏やかでジェントルな印象が更に高まった。 濃度が増したのは塩では無く、旨味だ。 旨味感とでも呼びたい感覚だ。 麺も前回御邪魔した時から変わって居る。 全粒粉で有るのは同じなのだが、喉越しの良さが際立つ。 単にツルツルして居るのでは無く、全体のバランスが整って居て、肌理が細かくて、喉への当たりが良い、そんな印象。 そして、気の所為か、少し重い様な気がする。 味わいでは無くて、物理的に比重が高い感じだ。 喉落が良いのはこの為では無いのだろうが…
確かに社長自らが仰るだけの事は有って、代々木めじろの塩、今の御薦めです。

コメント

トラックバック