今日の渦 其の2842010/02/13 23:23:00

紀元節、いや建国記念日。 其の趣旨に異論が無い訳では無いが、休めるのなら妥協すると云う不甲斐無さ。 其れにしても酷い降りなので有る。 遠く渋谷の空の下で、祝日営業して居るであろう、夏さんに心で謝って、部屋に閉じ籠って居た。 結構、引籠りたい性格も持ち合わせて居るのだ、意外にね。 だが、夜はどうしても、渦。 常連さんと待ち合わせたからだ。 もう少し大きい傘にすれば良かった(いや、最近のデカ傘は結構迷惑なのだ。皆、自分が濡れなければ良いと思って居る)と云う気分で、駅に辿り着く。 と、本日のヒロインからメール。 結局、小生だけが予定通りの様で、ヒロイン独占(笑)の模様。 何時もと同じ時刻に到着したが、この大雨では、当然の様に誰も来ない… が、19時に為った途端に満席。 皆さん、御自宅や駐車場でタイミングを測って居らした様だ。 ヒロイン殿もそんなタイミングに上手く滑り込んで来られて、時節に即した御土産を頂戴する、TNX! 芳実オーナーは、少し御疲れの様にも見えるが、サービス精神旺盛だし、厨房では八面六臂。 いや、R子さんも負けずに大忙しだ。 前々夜にロックスオフの店長さん達と試飲したワインが残って居るので、「飲んで下さい」と芳実オーナーが運んで来て呉れたので、有り難く頂戴する。 きちんと全部空にしたが、中には2日を経て、良く為った様に思えるボトルも有った。 実はこの夜は、例のバッカント(フォトは省略、いや、忘れた…)を1本持って来たので、其方も抜栓。 相変わらずの呑兵衛振りを発揮して、無い事ばかりを喋り出す。 小生はこんなに喋るタイプだったっけ? はい、其の通り…で。

今日の渦 其の284-1

そんな中で頂いたのは、タイミングを測って造って頂いたチャーシュウ3種盛とコロッケ。 黒胡椒を不断に配ったハーブローストは、バッカントの様に穏やか、柔らかと云うボトルよりも、ナパのカベルネ・ソーヴィニョンの様なタイプが合う様だ。 鵠沼味噌ポークの方が寧ろ相性が良い。 コロッケも其成に相性が悪く無い。 そんなに強い味付けにして居ないし、サラっと揚げた点も良いのだと思う。 ワイン云々は抜きにしても、渦のコロッケは相変わらず、美味しい。

今日の渦 其の284-2

主麺は、醤油らぁめんのハーフ。 「ハーフ」はスープも麺も半分に為るが、「小盛」は、スープの量はノーマルと同じとの事。 この日は、随分飲んだ後だったので、更に改良したと云うスープは、勿論、非常に美味いのだが、前回との「差」は判らなかった。 でも、キリっとした輪郭のはっきりした醤油味なのに、此れだけ優しいと云うのは、やっぱり、凄いと思う。 御隣は時節に合わせて、芳実オーナーの傑作のひとつ、「チョコ味噌」。 例の香りはチョコレートだが味わいは味噌、と云う限定作品。 チョコの香りが漂って来るねぇ。 と、気が付けば、亦、日付が変わりそうなタイミング。 翌日は大阪、帰らねば… 最後迄、ヒロイン殿に御付き合い頂いて、御帰還。
あ、ヒロイン殿がオーダーされたサラダのチャーシュウだけをピックアップして喰べて居た事は告白して置く必要が有りそうだ。

ふたつ訂正事項、過日(今日の渦 其の280)で、砂肝の「カルパッチョ」と書いたが、「刺身」だと芳実オーナーから御指摘を頂く…だよね。 更に「砂肝は生まれて初めて」と書いたが、昨年、少量では有ったが、西尾中華そばで頂いた、との記録が見付かった。