蔦のカップ麺2017/09/14 22:22:00

発売日に買って、オフィスのロッカーに隠して置いた「蔦」のカップ麺。 漸く此日の朝喰として頂く。

蔦のカップ麺-1
以前のカップ麺と少しデザインが変わった様だ。 未だ自宅に旧カップ麺も保存して有るので、今度比べて見よう。

湯沸室の熱湯は90度位なので、更にポットで沸騰させる。 祐貴君のブログに依れば、熱々では無い方が風味が出るとの事だったが…
蔦のカップ麺-2
薬味、チャーシュウを麺に乗せて御湯を加えて5分。 スープとオイルとメンマは其々が別袋に為って居て、蓋の上で温めて置き、喰べる直前に入れる。 メンマ袋の切込が何処だか判り難いね… 浅蜊と魚介風味の有る鶏スープはとても美味しい。 勿論、店のスープとは違うがトリュフの風味も感じられる。 5分を掛けた麺はモチモチ。 一寸過剰に思える程に喰感が有る。 旧製品もそうだったのだが、更に強調されて居る感じだ。 店と同じ太さに為ったとの事だが、未だ細く思える。 此の値段のカップ麺で此れ以上を求めるのは酷だろう。 美味しいね!

コメント

トラックバック