饗 くろ喜@秋葉原 其の882017/07/21 23:23:00

夏麺第4段は人気の「冷やし担々鶏そば」。
饗 くろ喜@秋葉原 其の88-1
其処で少し早目に伺って、ギリSP。 最近、こう云う事が多い。 シェードの下で風を受ければ、其れが南からでも有り難い。

饗 くろ喜@秋葉原 其の88-2
「良く掻き混ぜて…」とわっさんのアドバイスだが、可哀想(笑)で、少しずつ崩してからわぁ~っと。 「饗の夏麺」は何れを頂いても美味しい。 久し振りに御会いした高名な「ラの方」も「外せません」と仰って居ましたが、「ですよねぇ~」。 ベースのスープは鶏テイストに白胡麻の味わい…そんな簡単なテイストでは無いのは当然。 抑制の効いた甘さ/酸味、痺味や醤油感のレベルが閾値で、巧みだな~。 平打のウェイビーな麺が鴬色なのは、小松菜を練り込んだからだそうだ。 具は豊富でオニオン、蘖、貝割迄は判ったが、韮や搾菜は気が付かなかった。 貝割の下の御団子は「鶏そぼろトマト煮」だそうだが、此れが秀逸。 味わいは勿論だが、やや細かい固さを残した喰感が素晴らしい。 此方だけでも沢山の素材が籠められて居て、仕込が大変だろうなぁ。 飾られて居るソースは「桜味噌」と伺ったが、そんなに甘さが強調されて居ないのが憎い。 此れと十八番の薫る自家製辣油との組み合わせが、最高。 毎年頂くが、感激も新たに…と云う一杯。 完喰は勿論、ソース・スープ迄全部イッた。


前夕の海景色をもう1枚。
饗 くろ喜@秋葉原 其の88-3
此方はトリミングだけなので、富士山、判るかな?