53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の652017/07/08 01:01:00

17時に「NEKTON藤沢」に到着して、準備に余念の無い辰也君に「夕陽を撮りに行って来る」と告げて、バスで江ノ島へ向かう。 空のコンディションが良く無いのは判って居たのだが、「七夕記念」と云う事で(笑)。 何時もの様に島内迄運んで貰えるバスで行くと西浦迄は3,4分って処だ。 早速、換算300ミリで突堤を探ると(笑)…
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-01
なんて可愛い彼女さんなのだろう… ん? 露出計…モデルさんなのね。 ポカリスエットのボトルを置いて居るので、CMなのかしらん? 八木莉可子さんでは無い見たいだけれどね。

夕陽は予想通りの印象。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-02
富士山は全く見えません。 

19時半頃に藤沢に戻ると「53's Noodle」は大変な賑わい。 カウンターには(後廻にされた?)常連3人が超静かに座って居て、何だかユーモラス。 此夜の出し物は旨辛ラーメンの「ニュータッチャンメン」だそうだ。 成程、人が云う様にチャライネーミングだが、「厨房の関係上、このラーメンに関しては一杯ずつしか作れない為、場合によっては若干お待たせするかもしれませんが、ご了承下さい。」で、こう云う状況らしい。 「(御客様が)集中しちゃって…」と大忙しの辰也君にビールだけで良いからと取り急ぎのリクエスト。 自席で頂きました。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-03
ぷはぁ~って、生き返る。 そして、人が忙しくして居るのを見るのが好き(笑)。 「渦劇場」に続いての「辰也激情」なので有る。

そっとグラスを取って来て、注いだワインは「ディエゴ・デ・アルマグロ グランレゼルバ」。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-04
もう少し力強さが欲しい処だが、良いテイストの西班牙赤葡萄酒。 芸能人が高級ワインと飲み比べるTV番組で比較対象に為ったボトルだそうだが、確かにそんなキャラの様にも思える。 熟成感の有るレッドチェリーにドライフルーツとプルーン系統にオークの樽香が重なり、纏まりの有るタンニンにアフターも充分…だもんね。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-05
忙しいのに、有難う。 ワインが進みます… なんて遣って居ると思わぬ展開に… 過日、「渦」の11周年にも来て下さった「ラーメン女子博」の森本さんとラの方2名が到着される。 更に飯田さんも湯河原から駆け付けて下さり、おぉお~ってな感じに盛り上がりました。 森本さんがそんなフォトを上げて居らしたとか。

飯田さんは「醤油ラーメン」を選ばれましたが、折角なのでチャライ方もシェアして召し上がって頂きました。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-06
フォトはシェア後に撮りました(笑)。 辛さが美味い…ってのは、嘘じゃなくて、溶き玉子が穏やかさを齎して居る。 担々麺風でも有り、醤油感も残し…上手なモンだ。 飯田さんからも御言葉を頂けて、良かったね。 「厳しいコメントを」と御願いしたのは小生ですからね > 辰也君。

飯田さんとシェアしたので、未だ御腹に余裕が… 炒飯を造って呉れました。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の65-07
辰也の炒飯はとても好みなので、何時か「変わり炒飯」を造って頂きたいかも。

結局、一人でワインを開けて仕舞ったのだが、何故か「ピチーチ」へもドロップイン。 午前様で叱られたのは久し振りだね~ (^^ゞ 良い夜でした。