そばはうす金色不如帰 其の1232016/12/26 23:23:00

2016年最後の「金色不如帰」。 月曜日の昼に伺ったので、久し振りに山本さんの御顔を見る事が叶った。 力丸君とも話せたし、良いタイミングでした。

そばはうす金色不如帰 其の123
今回のターンは「塩そば」。 伺う頻度が落ちて居たので新鮮な気持で頂いたが、変わらずに美味しい。 和風出汁に円い塩と云う印象だが、其れと蛤味をコアにして複雑なテイストをバランス良く纏めて居る。 此が見事に嵌まるよな~。 チャーシュウにはセップ茸のソースが乗り、白トリュフオイルの香りが鼻孔を擽る。 ポワブルロゼとか御洒落だし、バジルとルッコラが然り気無く薫る。 そして此の穂先メンマは小生が一番好きなタイプだ。 小麦粉の風合いっぱいの多加水の細麺を少し緩く茹でてスープとの相性を究極的に調える、流石。 以前には「塩」が看板メニューだった事も有ったが、其の伝統は保たれて居ると確信。 醤油も素晴らしいが、塩も亦、なので有る。 2017年は海外での仕事も多いと仰る山本さん。 力丸君には留守を確り守って頂かないとね。